「 ふらり旅いい酒いい肴 」動画

スポンサーリンク

おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。
あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。

ふらり旅いい酒いい肴「豪華絢爛なる東照宮と宇都宮の夜」 20180116

ふらり旅いい酒いい肴「豪華絢爛なる東照宮と宇都宮の夜」 20180116

日光東照宮は徳川家康公をお祀りした神社。東照宮の入り口にあり、日光の表玄関と言われる橋、“神橋”は、全体を漆で塗った日本でも珍しく世界遺産にも登録されている。「日光田母沢御用邸」は、江戸時代後期、明治、大正と三時代の建築様式をもつ集合建築群。現存する明治・大正期の御用邸の中では最大規模といわれ、当...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「富山 水よし・酒よし・肴よし」 20180109

ふらり旅いい酒いい肴「富山 水よし・酒よし・肴よし」 20180109

“山の外にある土地”の意味で“外山”と呼ばれたことが「富山」のゆえんであると言われる。三方を急峻な山々にかこまれた、この壮大な自然が織りなす景観は、本当に美しい。なるほど“外山”とはよく言ったものだ。散策ついでに路面電車で“岩瀬”へ。“岩瀬”は江戸から明治時代に栄えた北前船文化が色濃く残る港町。歴...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「金沢 歴史と文学の薫る町」 20171226

ふらり旅いい酒いい肴「金沢 歴史と文学の薫る町」 20171226

おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。 あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。 加賀百万石の城下町・金沢。「近江町市場」は金沢っ子が“おみちょ”と呼び親しむ“金沢市民の台所”。江戸時代の開設から約290年の歴史を持ち、鮮魚や惣菜、加賀野菜の店など約180店...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「大阪 食い倒れの街を呑み歩く」 20171219

ふらり旅いい酒いい肴「大阪 食い倒れの街を呑み歩く」 20171219

おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。 あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「神戸 潮の香りと夜景の街」 20171024

ふらり旅いい酒いい肴「神戸 潮の香りと夜景の街」 20171024

おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。 あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「鶴岡 藤沢文学の風景と銘酒の味わい」 20171017

ふらり旅いい酒いい肴「鶴岡 藤沢文学の風景と銘酒の味わい」 20171017

藤沢周平誕生の地「鶴岡」。藤沢作品で紹介される数々の風景を散策する。鶴岡公園は庄内藩酒井家が約250年居城とした鶴ヶ岡城の城跡。藤沢作品では海坂藩の風景として登場する。鶴岡を代表する風景の1つが朱塗りの三雪橋。内川に架かるこの橋は一番古く大名行列もこの橋を通ったと言われ、内川は藤沢作品に登場する五...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「秋田 美の国・美酒の味わい」 20171010

ふらり旅いい酒いい肴「秋田 美の国・美酒の味わい」 20171010

美の国「秋田」。江戸時代、江戸から離れた場所にありながら北前船などによって文化交流が盛んだった秋田は“秋田蘭画”という西洋画の手法と純日本的な画材を使用した画など独自の芸術文化が栄えた。“美酒の国”ともいわれる秋田には蔵元や酒販店も多い。大正3年創業で秋田の地酒を数多く扱っている老舗酒販店の主人い...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「浅草 人情味あふれる下町の味わい」 20171003

ふらり旅いい酒いい肴「浅草 人情味あふれる下町の味わい」 20171003

粋な下町文化の中心地「浅草」。浅草寺の門前町として江戸時代以前から繁華街として栄えてきたこの町は老舗の宝庫。食文化の奥深さと豊かさは、江戸庶民の味から明治の洋食、日本料理の味までをことごとく網羅する。明治35年創業の老舗天ぷら屋はタレを代々継ぎ足して使っている。フタ乗せ状態ででてくる天丼は、揚げた...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「八丈島 黒潮の恵みと島酒を味わう」 20170926

ふらり旅いい酒いい肴「八丈島 黒潮の恵みと島酒を味わう」 20170926

東京の“亜熱帯地区”「八丈島」。黒潮の真っただ中に現れたこの“ひょうたん”のような島は、温かくてきれいな海と美しい自然に囲まれた“夢の国”だ。 創業50年を超える老舗の郷土料理屋おすすめ“漬けの島寿司”は魚の種類によって漬け込む時間を変えるので最良の漬け時間で味わえる。わさびの代わりに“洋からし”...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「鹿児島 桜島の夕景と焼酎の魅力」 20170919

ふらり旅いい酒いい肴「鹿児島 桜島の夕景と焼酎の魅力」 20170919

おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。 あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「松本 豊饒なる山の恵みを味わう」 20170912

ふらり旅いい酒いい肴「松本 豊饒なる山の恵みを味わう」 20170912

松本には“蔵”が多い。江戸時代、松本は北国西街道など主要街道の玄関口として栄え、物資の貯蔵を行う蔵が多く建てられた。大正、昭和のはじめに建てられた古典的な洋風建築もなかなかのもので、古き良き大正ロマンスを彷彿とさせる。松本城の夕景とともに居酒屋へ。 「居酒屋探訪家」太田和彦

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「会津 鶴ヶ城下・郷土の味」 20170829

ふらり旅いい酒いい肴「会津 鶴ヶ城下・郷土の味」 20170829

鶴のように美しく、堅牢な会津の象徴「鶴ヶ城」。会津藩主23万石の居城だ。戊辰戦争では、激しい攻防戦に耐え、難攻不落の名城と称えられた。天守閣からは会津若松市内はもちろんのこと、白虎隊自刃の地として有名な「飯盛山」などが見渡せる。いい眺めだ。悠久の時を超え幕末の志士たちに想いをはせる…。さぁ、散策と...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「松山 文豪ゆかりの地で海の恵みを味わう」 20170808

ふらり旅いい酒いい肴「松山 文豪ゆかりの地で海の恵みを味わう」 20170808

夕暮れとともに居酒屋へ。「たにた」は松山の名店。四季折々の瀬戸内小魚料理が愉しめる。のれんをくぐると、割烹着姿の女将に笑顔で迎えられカウンターへ。日本酒のラインアップは魚料理を引き立てるため辛口が中心だ。土地の銘酒を選ぶ。肴には“おこぜの薄づくり”。半透明の身は、噛みしめると特有の甘みが舌に広がる...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴 「高知 龍馬の気分で酒を愉しむ」 20170801

ふらり旅いい酒いい肴 「高知 龍馬の気分で酒を愉しむ」 20170801

日本100名城のひとつ「高知城」。土佐藩初代藩主 山内一豊によって築城され、国の重要文化財となっている。夕暮れとともに居酒屋へ。「黒尊」は四万十川の黒尊渓谷から名づけられた。この名店にメニューはない。主人と相談して時期のものを味わう。“かつおの塩たたき”はこの店が元祖。粗塩を振ったかつおの表面を高...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「勝浦 絶好漁場の恵みを味わう」 20170725

ふらり旅いい酒いい肴「勝浦 絶好漁場の恵みを味わう」 20170725

いにしえの姿をとどめる漁師町・勝浦。散策途中に腹ごしらえ。「丸竹都寿司」は創業50年の歴史ある名店。店内にはうっすらとクラッシックが流れる。気になるお酒を少しいただく。居心地のいいお店だ…。ここに来たら“かつお寿司”。実にうまい。黒潮と親潮が合流する絶好の漁場を持つ「勝浦魚港」では新鮮で豊富な魚介...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「鎌倉 路地裏の愉しみ」 20170718

ふらり旅いい酒いい肴「鎌倉 路地裏の愉しみ」 20170718

日本ではじめて武家政権が誕生した古都・鎌倉。街を見おろす創建736年の「長谷寺」は四季折々の花木に彩られ、“鎌倉の西方極楽浄土”と呼ぶにふさわしい風情だ。相模湾と鎌倉の街並みを一望しながら歩く“あじさいのこみち”は極楽浄土にいっそうの美しさを添える。さぁ、路地裏散策といくか。かつては茶道具店だった...

記事を読む