1 / 212

「 ふらり旅いい酒いい肴 」動画

スポンサーリンク

おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。
あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。

ふらり旅いい酒いい肴「長崎 異国の情緒と銘酒の味わい」 20180517

ふらり旅いい酒いい肴「長崎 異国の情緒と銘酒の味わい」 20180517

異国情緒豊かな街「長崎」。1858年欧米各国と修好通商条約を締結した。以降長崎は自由貿易港として開港され、欧米人の住宅街として異国情緒豊かに発展した。「オランダ坂」の石畳をのんびり散策。この坂は欧米人を“オランダさん”と呼んでいたことからこう名付けられたとか。少し足を伸ばす。このあたりは長崎を愛し...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「博多 祇園山笠の魅力と銘酒の味わい」 20180510

ふらり旅いい酒いい肴「博多 祇園山笠の魅力と銘酒の味わい」 20180510

おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。 あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「東京・北千住 下町情緒と芭蕉の風景」 20180412

ふらり旅いい酒いい肴「東京・北千住 下町情緒と芭蕉の風景」 20180412

松尾芭蕉が“奥の細道”の第1歩を踏み出した「千住大橋」。文禄3年に隅田川に架けられた最初の橋だ。この橋が架けられたことで宿場町が発展。「千住宿」となる。「北千住」は多くの商店街でにぎわうが、中でも「柳原千草通り」は狭い路地に昭和の面影が色濃く残る。散策ついでに腹ごしらえ。下町情緒あふれる「稲荷ずし...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「東京・神田 文人が愛した歴史の街」 20180320

ふらり旅いい酒いい肴「東京・神田 文人が愛した歴史の街」 20180320

おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。 あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「岡山 西洋の情緒といにしえの城下町」 20180313

ふらり旅いい酒いい肴「岡山 西洋の情緒といにしえの城下町」 20180313

今なお古き良き町並みが残る、いにしえの城下町「岡山」。岡山藩の城下町として栄えた出石(いずし)町界隈は、モダンなレトロ建築など西洋の情緒も交えた見どころが多い町。城下筋を歩くと目にとまる「ルネスホール」は、大正11 年の建築。もとは日本銀行岡山支店。古代ギリシャ様式の意匠が散りばめられている。大正...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「高松 瀬戸内の恵みに舌鼓を打つ」 20180306

ふらり旅いい酒いい肴「高松 瀬戸内の恵みに舌鼓を打つ」 20180306

瀬戸内の幸と“うどん”の県「香川・高松」。“さぬきうどん”は全国的にブームを巻き起こした香川の“顔”。日本一小さな県にうどん店が約900 店もひしめく。「さか枝」は朝5時から営業。行列必至の超人気店だ。麺はいつでも打ちたて茹でたて。出汁の効いた旨みともっちりうどんが絶妙だ。しかも安い。地元香川の人々...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「別府 湯けむり散歩と郷土の味」 20180227

ふらり旅いい酒いい肴「別府 湯けむり散歩と郷土の味」 20180227

源泉数、湧出量ともの日本一を誇る温泉都市「別府」。「鉄輪(かんなわ)温泉」は、別府八湯と呼ばれる温泉街のひとつ。湯けむり立ちのぼる景観は、重要文化的景観に選定されている。「一遍上人の像」にお参りだ。一遍上人は、鎌倉時代の僧侶。猛り狂う地獄地帯を鎮め湯治場として開いたのが「鉄輪温泉」の始まりと伝えら...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「愛媛・宇和島 磯香る郷土料理に舌鼓を打つ」 20180220

ふらり旅いい酒いい肴「愛媛・宇和島 磯香る郷土料理に舌鼓を打つ」 20180220

築城の名手“藤堂高虎”による会心の名城「宇和島城」。天守は、三重三層からなり、唐破風、千鳥破風の装飾が特徴で、伊達家三種類の家紋も見られる。伊達政宗の長男・秀宗が初代藩主を務めたこの城下町は、闘牛や真珠でもよく知られている。 昭和51年創業の「男鮨」は、宇和島で人気の寿司屋だ。名物は“ぶり”や“...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「京都 京女性と歩く華やかな都」 20180213

ふらり旅いい酒いい肴「京都 京女性と歩く華やかな都」 20180213

後編は“京女性と歩く 華やかな京都”をテーマに“居酒屋の達人”太田和彦が京都の休日を満喫する。京都の寺・神社では露天市を行うところが多い。世界文化遺産の「醍醐寺」もその一つ。醍醐寺は秀吉の遊び場でもあり“醍醐の花見”は有名だ。参道には骨董品、古着、漬物など多くの露店が軒を連ねにぎわう。「西陣」へ足...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「京都 千年の都と男の休日」 20180130

ふらり旅いい酒いい肴「京都 千年の都と男の休日」 20180130

おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。 あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「静岡 霊峰富士と駿府の恵み」 20180123

ふらり旅いい酒いい肴「静岡 霊峰富士と駿府の恵み」 20180123

日本人の心のよりどころ“霊峰富士”を望む街「静岡」。「三保の松原」は海岸線に約五万本の松が茂る。その美しさから日本新三景、日本三大松原のひとつとされ、世界文化遺産“富士山”の構成資産に登録された。「青葉おでん街」は、戦後、軒を連ねていたおでん屋台が再開発のため撤去され、現在の場所に集まってできた“...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「豪華絢爛なる東照宮と宇都宮の夜」 20180116

ふらり旅いい酒いい肴「豪華絢爛なる東照宮と宇都宮の夜」 20180116

日光東照宮は徳川家康公をお祀りした神社。東照宮の入り口にあり、日光の表玄関と言われる橋、“神橋”は、全体を漆で塗った日本でも珍しく世界遺産にも登録されている。「日光田母沢御用邸」は、江戸時代後期、明治、大正と三時代の建築様式をもつ集合建築群。現存する明治・大正期の御用邸の中では最大規模といわれ、当...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「富山 水よし・酒よし・肴よし」 20180109

ふらり旅いい酒いい肴「富山 水よし・酒よし・肴よし」 20180109

“山の外にある土地”の意味で“外山”と呼ばれたことが「富山」のゆえんであると言われる。三方を急峻な山々にかこまれた、この壮大な自然が織りなす景観は、本当に美しい。なるほど“外山”とはよく言ったものだ。散策ついでに路面電車で“岩瀬”へ。“岩瀬”は江戸から明治時代に栄えた北前船文化が色濃く残る港町。歴...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「金沢 歴史と文学の薫る町」 20171226

ふらり旅いい酒いい肴「金沢 歴史と文学の薫る町」 20171226

おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。 あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。 加賀百万石の城下町・金沢。「近江町市場」は金沢っ子が“おみちょ”と呼び親しむ“金沢市民の台所”。江戸時代の開設から約290年の歴史を持ち、鮮魚や惣菜、加賀野菜の店など約180店...

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「大阪 食い倒れの街を呑み歩く」 20171219

ふらり旅いい酒いい肴「大阪 食い倒れの街を呑み歩く」 20171219

おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。 あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。

記事を読む

ふらり旅いい酒いい肴「神戸 潮の香りと夜景の街」 20171024

ふらり旅いい酒いい肴「神戸 潮の香りと夜景の街」 20171024

おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。 あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。

記事を読む