1 / 212

JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス

1/2ページ
「OUT OF BOUNDS (アウトオブバウンズ)」 ▽深夜若者ゾーンに問うちょっとアナクロな直球勝負の報道番組

JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス 20181104

「原発避難家族8年目の挑戦 ~愛媛・福島1000キロ 二重農業生活~」 ▽深夜若者ゾーンに問うちょっとアナクロな直球勝負の報道番組 2011年3月、東日本大震災と原発事故で、福島県南相馬市小高区から愛媛県に避難した一家がいる。渡部寛志さん一家。南相馬市小高で農業をしていた渡部さんは、住まいと農地が第一原発から20キロ県内の旧警戒区域に入っていたため強制避難となり大学時代を過ごした愛媛県に避難した。 […]

JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス 20181014

「コバルトーレ女川 12年間の全記録 ~被災地のサッカーチームと呼ばれて~」 全国有数のサンマの水揚げで知られる宮城県女川町。サッカーチーム「コバルトーレ女川」は、人口減と高齢化に悩む町に活気をと2006年に誕生した。目標はプロのJリーグ入りで、全国から有望な若者たちが集まった。アマチュアゆえ、昼間は水産加工場で働き、夜は練習という過酷なスケジュール。それでも合間に子どもたちにサッカーを教えるなど […]

JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス 20180916

「毒の油を口にして ~カネミ油症事件50年~」 ▽深夜若者ゾーンに問うちょっとアナクロな直球勝負の報道番組 「カネミ油症事件」は1968年に発生した、国内最大の食品公害事件だ。北九州市のカネミ倉庫が製造した米ぬか油に混入していた猛毒ダイオキシンが、福岡、長崎を中心とした西日本一帯で多大な健康被害をもたらした。 被害を訴えた人は当時およそ1万4000人にものぼった。カネミ油症はダイオキシンを口から摂 […]

JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス 20180902

「“強いられた沈黙”から“悲しみの水脈”へ」 入江杏(いりえ・あん)さんは、2000年の年末、隣に住む妹一家を何者かに殺害され失った。犯人はいまだ捕まっていない。いわゆる「世田谷一家殺害事件」である。 あれから18年。入江さんは、グリーフケア(悲しみ、嘆きへのケア)についての学びを深めながら、さまざまな人たちとつながってきた。しかし、その道のりは、簡単なものではなかった。身 […]

JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス 20180805

「空に舞った花びら ~B29元搭乗員 宮崎慰霊の記録」▽深夜若者ゾーンに問うちょっとアナクロな直球勝負の報道番組 今から73年前、九州南部の都市、宮崎も戦場だった。米軍爆撃機や戦闘機の空襲に怯える日々が続いていた昭和20年4月28日。B29・サルボサリー号が宮崎市上空で、旧日本軍の高射砲により撃墜され、米軍搭乗員12人中、11人が犠牲になった。 こうした中、去年5月。宮崎の戦争史を調査、研究してい […]

JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス 20180415

「街のピアノ/ウチのピアノ」 深夜若者ゾーンに問うちょっとアナクロな直球勝負の報道番組 Play Me, I’m Yours(「どうぞ、私を弾いて下さい」)は、イギリスのアーティスト、ルーク・ジェラムの参加型プロジェクトだ。 街のあちらこちらに装飾したピアノを置くことで、ふだんは、行き交うだけの人たちの間にコミュニケーションを発生させようというこのプロジェクトは、これまで世界各国で行わ […]

JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス 20180318

「“実習生”という名の労働者」▽ 深夜若者ゾーンに問うちょっとアナクロな直球勝負の報道番組 外国人技能実習制度は、発展途上国への技能移転を目的とした、日本の国際貢献の一つと位置づけられている。いま日本には、25万人の技能実習生がいて、建設業、造船業、農業、食品工場など、人手不足の現場を最低賃金で支えている。昨年11月、新しい法律が施行され、滞在期間が最長5年まで延び、対象業種に新たに介 […]


1 / 212