未分類(趣味・教育)

ティーンズビデオ2018~全国高校放送コンテスト~「テレビドキュメント部門」 20180810

全国の高校放送部の甲子園、NHK杯全国高校放送コンテスト。7/26にNHKホールで行われた決勝大会の模様と、テレビドキュメント部門の上位入賞作品を紹介します。 全国の高校放送部の甲子園、NHK杯全国高校放送コンテスト。7/26にNHKホールで行われた決勝大会の様子を2回にわたってお伝えします。2日目は、テレビドキュメント部門の上位入賞作品を紹介します。ナビゲーターは、中谷日出NHK解説委員と、映画 […]

みんなの2020 バンバン ジャパーン!「おたく外国人来日 ほか」 20180224

2020年まで2年!“国際化待ったなし”の日本をバンバン盛り上げようというユニークな取り組みや、身近な在日外国人の暮らしを取材。いざ、バンバンジャパーン! 渋谷のIT企業では、世界中から超優秀な人材を集めようと、ネットで募集開始!そして、やってきたのは…ちょっとオタク風な若者!果たしてその正体は??続いては、外国人に人気のキャラクター弁当教室を主宰する女性が登場。そのレシピを最も厳しく採点するのは […]

生きるよろこび 画家 熊谷守一の軌跡 20180217

開催中の展覧会「没後40年 熊谷守一生きるよろこび」を最上もがが案内していきながら、熊谷守一の生き様がいかに魅力的であったかに迫ります。 最上もが、須黒清華(テレビ東京アナウンサー) 山崎努、樹木希林 【ナレーター】根岸朗 現在、東京国立近代美術館で開催されている「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」。 ナビゲーター・最上もがが、展覧会を案内していきながら、展示物200点を超える回顧展の魅力とと […]

高き壁を越えて~井山裕太 世界への挑戦~ 20180217

2度目の7冠を獲得し、国民栄誉賞を受賞した囲碁の井山裕太九段が、今、世界戦でも活躍し始めた。挑戦までの日々とその戦いぶりを追った。 2度目の7冠を獲得し、国民栄誉賞を受賞した囲碁の井山裕太九段が世界のビッグタイトルの一つ、世界棋王戦(LG杯)で決勝に進出、中国の謝爾豪(シャ・ジゴウ)五段と優勝を争った。日本最強棋士・井山だが、世界戦ではこれまで台頭著しい中国・韓国の棋士におされ、満足できる結果を残 […]

スマホのトリセツ~子どもが考えるルール~ 20180212

スマホがやめられない子ども向けのキャンプに密着し、スマホの適正利用にはどのような対策が必要か、スマホとどう向き合っていくべきかを考える。 兵庫県は現在、ネット利用のルール作りの支援を義務づける青少年愛護条例を改正するなど、ネット問題への様々な取り組みを行っている。去年の夏からは、ネットをやめられない小中高生を対象に、ネットから離れて自然を体験してもらうキャンプを実施していて、ことしで2回目となる。 […]

進むよ!ジェンダーレス~理容界の大革命~ 20180204

理容業界に“ジェンダーレス”の時代が到来。そこで理容業界が贈る女性のための新しいヘアスタイルやサービスを徹底紹介する。番組ナビゲーターは、はしのえみさん。 理容業界に、男女の垣根を超えた“ジェンダーレス”の時代が到来 。そこで、理容業界が 贈る女性のための新しいヘアスタイルやサービスを徹底紹介する。番組ナビゲーターのはしのえみさんは、ふるさと鹿児島の理容店を訪ね、理容師の技術とおもてなしにビックリ […]

この一筆に思いを込めて「袖ヶ浦高校書道部 恩師と挑んだ最後の甲子園」 20180108

千葉県袖ヶ浦高校書道部は全国大会「書の甲子園」で3度も準優勝に輝く名門。顧問の熱血先生と悲願の全国優勝を目指す中、先生が癌(がん)に。部員たちと先生の挑戦の記録 千葉県袖ヶ浦高校書道部は、高校日本一を決める「書の甲子園」で3度も準優勝に輝いた名門。推薦枠や専門コースのない公立校を全国有数の強豪校に育て上げたのは、一人の熱血先生。生徒たちに書の基礎を叩き込み、その魅力を伝えてきた。固い絆で結ばれた先 […]

新春お好み将棋対局「小学生&女流棋士 早指しペアトーナメント」 20180103

毎年恒例の新春お好み将棋対局。2018年の指し初めは、小学生と女流棋士がペアを組む1手30秒の早指しトーナメント。 毎年恒例の新春お好み将棋対局。2018年の指し初めは、小学生と女流棋士がペアを組む1手30秒の早指しトーナメント。空前の将棋ブームの中、今回は、NHKの将棋番組でおなじみの女流棋士と、個性豊かな小学生がペアを組む。即席ペアが、どこまでチームワーク良く戦えるのか…。将棋フォーカスのMC […]

壇蜜と、天才画家の影法師 ~異彩 小田野直武の故郷角館を歩く旅~ 20171217

25歳で江戸へ上り、のちに秋田蘭画と称される不思議な絵画を数々残し、31歳でこの世を去った小田野直武がわずかに遺した影法師に、秋田県出身の女優・壇蜜が迫る。 黒板塀に囲まれた武家屋敷が立ち並ぶ、秋田県仙北市角館町。江戸の中頃この地で生まれた一人の侍が、国を鎖した当時の日本では決して見ることが出来なかった画期的な絵画を次々描いた。侍の名は小田野直武。角館の一介の武士だった直武は、蘭学研究の第一人者平 […]