1 / 212

「 題名のない音楽会 」動画

スポンサーリンク
題名のない音楽会 20160703

題名のない音楽会 20160703

日本でのボサノヴァ第一人者・小野リサさんと、津軽三味線奏者・上妻宏光さんをお迎えしてブラジル音楽ボサノヴァについて語り合います。ブラジルの伝統楽器も登場!

記事を読む

題名のない音楽会 20160626

題名のない音楽会 20160626

「お祭りマンボ」「東京ブギウギ」など、昭和の歌謡曲は「リズム」から始まりました。今回は「リズムの変遷」という視点から昭和歌謡を特集します。

記事を読む

題名のない音楽会 20160619

題名のない音楽会 20160619

70年代から80年代の洋楽ヒットナンバーを、今注目のアメリカで活躍する若い世代の作曲家たちが編曲!ビッグバンドの迫力ある演奏で名曲の数々をお聴きいただきます。

記事を読む

題名のない音楽会 20160612

題名のない音楽会 20160612

世界的指揮者・山田和樹さんが様々な世代でコンクール1位に輝いた合唱団(社会人、ママさんコーラス、高校生)を指導。合唱のさらなる高みを目指します。

記事を読む

題名のない音楽会 20160529

題名のない音楽会 20160529

現代を代表する作曲家・久石譲が音楽の歴史をつくってきた象徴的な6人の作曲家をクローズアップし、その奥深さとおもしろさを熱く語ります。新しい形の「西洋音楽史」!

記事を読む

題名のない音楽会 20160522

題名のない音楽会 20160522

アンケートにより「今うたいたい合唱曲」を昭和生まれと平成生まれと世代別に分けランキング。東京混声合唱団が世界的指揮者・山田和樹の指揮のもと歌い上げます。

記事を読む

題名のない音楽会 20160508

題名のない音楽会 20160508

世界が認めたアニメ音楽界のパイオニア田中公平さんが、今押さえておくべきアニメミュージック6曲をオーケストラで紹介!これまでのアニメ音楽特集とは一味違います。 日本のアニメミュージックは今、世界中で愛され、クールジャパンの象徴とも言われています。その世界が認めた、アニメミュージック界のカリスマで...

記事を読む

題名のない音楽会 20160501

題名のない音楽会 20160501

音楽界の第一人者の方々が「この子はまさに神童だ!」と推薦した小中学生の演奏家を集めた「神童たちの音楽会2016」を開催いたします。

記事を読む

題名のない音楽会 20160424

題名のない音楽会 20160424

『吹奏楽部を知る音楽会』第2弾。学園祭での人気曲を大特集!ゲストに吹奏楽の名物先生・丸谷明夫先生をお招きしその魅力をたっぷりお届けします。

記事を読む

題名のない音楽会 20160417

題名のない音楽会 20160417

日本で最も人気の高い作曲家と言えばモーツァルト。特に短調の曲に名曲が多いということで、今回は天才モーツァルト「短調の魅力」について特集。

記事を読む

題名のない音楽会 20160410

題名のない音楽会 20160410

現代のクラシック界を代表する「若きキング・オブ・ヴァイオリニスト」マキシム・ヴェンゲーロフをお迎えし、ヴァイオリンの難曲演奏およびロシアの名曲を指揮します。

記事を読む

題名のない音楽会 20160403

題名のない音楽会 20160403

「ファイナルファンタジー」作曲家・植松伸夫さんが特に思い入れのあるベスト5を選出!吹奏楽アレンジで披露!ゲームマニア垂涎のランキングをお楽しみに!

記事を読む

題名のない音楽会 20160327

題名のない音楽会 20160327

今や日本の若手クラシック演奏家たちは難関コンクールで上位入賞するなど世界中の注目の的となっております。本日はとりわけ音楽業界の達人たちが注目する4人を選出し、その理由などもお伝えしつつお送りします。 【司会】 五嶋龍 松尾由美子(テレビ朝日アナウンサー) 【ゲスト】 反田恭平(ピアノ...

記事を読む

題名のない音楽会 20160320

題名のない音楽会 20160320

かつて大演奏家がこの舞台に立ち日本初演を行ってきた日比谷公会堂がこの4月に休館します。公会堂に思い入れの強い指揮者・井上道義さんと共に公会堂歴史を振り返ります。

記事を読む

題名のない音楽会 20160207

題名のない音楽会 20160207

ギタリスト村治佳織さんと弟の村治奏一さんがギター名曲を演奏しつつギターとヴァイオリンを徹底比較!同じ弦楽器なのにこんなに違う?目からウロコのトークを展開します。

記事を読む

題名のない音楽会 20160131

題名のない音楽会 20160131

今ジャズが生まれ変わってきています。そこで「ジャズ新世紀」と呼ぶにふさわしいお二人のゲストをお招きし、ジャズというジャンルにとらわれない新しい音楽を提案します。

記事を読む