1 / 212

新世代が解く!ニッポンのジレンマ

1/2ページ

新世代が解く!ニッポンのジレンマ「プライバシーのジレンマ大研究」 20181027

今プライバシーをめぐるジレンマはかつてとは比較にならないほど、実は深刻なものになっている?スマホ世代のリアルな対人感覚から衆人環視の恐怖まで語り尽くした60分。 全てがデータ化される社会。行動履歴、買い物履歴、関心、人間関係…さまざまなデータを組みあわせれば、あなたという人間も丸裸?こうした流れに抗してヨーロッパでは個人データの保護の動きも生まれ議論を呼んでいる。日本人のプライバシー意識は世界の標 […]

新世代が解く!ニッポンのジレンマ「世代論のジレンマ大研究」 20180929

「ゆとり」「さとり」って何ですか?単なるレッテル?それとも?この日本で語られてきた世代論をひとつのきっかけに、今この時代にホンネで対話するための可能性を考える。 さまざまな名称で語られる「世代」。かつても「団塊」「シラケ」「新人類」などさまざまな言い方で、いつも若者たちは一括りにされてきた。それは単なるレッテル貼り?それとも日本社会の変化の中、必然性があったのか?「ゆとり」「さとり」のゲストたちが […]

新世代が解く!ニッポンのジレンマ「今大学って?学問ってナンだ?@広島大学」 20180428

新世代トークドキュメント、今回は広島大学で公開収録。春、新学生を迎えたばかりのキャンパスにリアルな声がさく裂!予定調和無しで次々に学生たちが登壇、果して最後は? 広島大学ではこの4月から情報科学部など新学部、新学科が開設され、新たな学びの試みがスタートする。今、大学は?学問とは?人文系不要論なども叫ばれ、揺れる全国の大学のあり方。そんな中広大が描くビジョンは?グローバル型で国際競争力強化を目指すの […]

新世代が解く!ニッポンのジレンマ「親と子のジレンマ 大研究」 20180324

親と子の関係はある意味永遠のジレンマか?「毒親」問題を越え現代の人間関係のあり方までさまざまな体験談を交えつつ真摯に語り合う60分。ここに現状突破のヒントある? 「毒親」という言葉が認知されて久しい。過干渉やネグレクトなどによって一種毒のような影響を子どもに与える親のことだ。少子化の時代ゆえの溺愛と同時にその愛情の裏返しで、子どもを精神的に追いつめてしまう、そんな親が増えているというのだ。こうした […]

新世代が解く!ニッポンのジレンマ「“根拠なき不安”を越えて 反響編」 20180224

元日SPの反響編!元日にお送りした長時間の議論からいくつかのトピックスを再び。超歌手・大森靖子、実業家・前田裕二らも参戦。新たな対話から、一体、何が飛び出すか? 時代は「啓蒙」から「共感」へ。その時「共感」の意味はどこまで共有されている?若者が求めているのは「肯定」「承認」「信頼」「信用」…?タコツボ化が進み、皮肉なことにネット社会が「見たいものしか見ない」人々を生んでいるとも言われる時代に他者と […]

新世代が解く!ニッポンのジレンマ元日SP「“根拠なき不安”を越えて」 20180101

恒例の元日SP!若き知性、リーダー、変革者たちがニッポンの今を議論。三浦瑠麗らの常連組とポスト古市世代のリアルな議論の行方は?100人の観客も常時参加で新展開! 震災の翌年元日から始まった新世代討論。毎年若者たちのリアルな声と時代の空気を伝えてきたが、今年はスタジオを飛び出し渋谷の雑踏が聞こえてくるような若者たちの拠点へ。テーマ「根拠なき不安」。漠とした死への不安を口にする声に大澤聡が一喝?三浦瑠 […]

新世代が解く!ニッポンのジレンマ「働きたいのに働けない 若年無業のジレンマ」 20171125

若年無業者、「働きたくても働けない」という悩みを抱える若者は多い。状況に応じて、そのジレンマをどう受けとめる?働くことの定義をどう更新する?多様な、生き方論。 「働きたいのに働けない」辛さ。自信がない、コミュニケーションが苦手などさまざまな声に、就業支援の取り組みも多様化しているが何が壁になっているのか?状況に応じそのジレンマをどう受けとめる?働くことの定義をどう更新する?多様な生き方論。支援する […]

新世代が解く!ニッポンのジレンマ「オリンピック・パラリンピックのジレンマ」 20171028

2020東京、どう迎える?高度成長期、国際舞台への復帰の象徴としての「国民的祭典」から半世紀以上、今若い世代はオリンピックに何を見る?新世代が新たな意義を更新! 3年後に迫った東京オリンピック。エンブレム、競技場の問題などごたごたが続き今一つ盛り上がりに欠けるようにも見える。国際舞台への復帰、国民的祭典として自ずから盛り上がった前回と異なり、今「右肩下がり」の中どこにその意義を見出す?そもそも単に […]

新世代が解く!ニッポンのジレンマ「死生観のジレンマ~今、死ぬということ。~」 20170923

いま、若者の死生観に変化が?MC古市憲寿が、3人の若き個性を訪ね「死生観」についてとことん語り合う、オムニバス対話紀行、特別編。死と向き合うことで何が見える? 高齢者の「終活」ばかりでなく、若い世代も死について意識が変わってきている。20代30代は生きる上でどんな望みやストレスを抱え死についてどんなイメージや考えを持っているのか?「死」を怖れ遠ざける人、つらい「生」から逃避する人…。ジレンマのはざ […]

新世代が解く!ニッポンのジレンマ▽クリエーターたちは今?~言葉のジレンマ大研究 20170729

番組テーマ曲も歌い、独特な言葉のセンスで人気のぼくのりりっくのぼうよみ、詩人・文月悠光らを迎えて語り合う言葉のジレンマ。今カルチャーは?表現者は、どこを目指す? 高校生でメジャーデビュー、ポップな楽曲と言葉に対する鋭利な感覚で多くのファンを獲得、小説にも世界を広げるアーティスト・ぼくのりりっくのぼうよみ。中原中也賞を最年少で受賞、その後も言葉で人間の営みを切り取りとることに賭ける詩人・文月悠光。2 […]

新世代が解く!ニッポンのジレンマ「移住のジレンマ大研究」 20170624

今注目の福岡の魅力って?若者は福岡を目指す?人口増加率、起業率も高い福岡で新時代のニッポン活性化計画をざっくばらんに議論する公開収録。本当の暮らしやすさって何? 今「住みたい街」として全国から注目を集める福岡。人口増加率だけでなく起業率でも全国トップクラスだ。福岡で今、何が起きているのか?その魅力、可能性…、仕事と生活、どうバランスをとっているのか?若者のリアルライフは?「東京とそれ以外」化しつつ […]

新世代が解く!ニッポンのジレンマ「経済のジレンマ大研究@阪大」 20170527

経済学の基本を今一度学び直し、現代の経済が直面する問題、経済のジレンマを考える、阪大での特別ゼミ。オランダの歴史家でジャーナリストのルトガー・ブレグマンも登場。 「経済学の父」アダム・スミスが唱えた「見えざる手」は今どこまで機能する?それぞれが利潤最大化を目指せば社会全体の成長、発展が実現するという思想は今も有効か?成長と格差のジレンマを解く為の方法は? グローバル化が進み複雑化する世界経済の中、 […]

新世代が解く!ニッポンのジレンマ「今 エリートって何ですか?」 20170429

春4月、多くの新入生を迎える東大。「最高学府」で学ぶ彼らの本音は?今考えるのは?東大生30人と共に考えるこの時代「エリート」って何ですか?彼らのジレンマに迫る。 東大生ばかりおよそ30人がNHKに集結。奇しくもポピュリズムの嵐が世界で起きている今、エリートの役割はどうなっていく?東大生たちにエリートという自覚はあるのか?そもそも「啓もう」が否定されようとする時代に「エリート」はどう振る舞うべき?そ […]


1 / 212