白熱教室

白熱教室特別版 アンコール「完全版 カズオ・イシグロ 文学白熱教室」 20180103

2017年にノーベル文学賞を受賞したベストセラー作家カズオ・イシグロが、小説の意味や自身の発想法を語る白熱教室。その貴重な講義を74分の完全版でお届けする。 1989年に「日の名残り」で、イギリス最高の文学賞であるブッカー賞を受賞。2005年の「わたしを離さないで」は舞台や映画になり、「忘れられた巨人」は各国でベストセラーとなっている。実際にあったかのようなリアリズムに徹しながら、日常の小さな隙間 […]

ロイヤル・アカデミー 音楽白熱教室 第3回「個人の時代の音楽~ベートーベン」 20160311

「音楽と社会」をテーマにイギリス王立音楽院から送る白熱教室。時代を代表する音楽家を通して、社会の要請に彼らがどう応え、新しい時代を切り開いていったのかを見ていく ベートーベンがウィーンで活動を始めたのは1792年。モーツァルトがウィーンでフリーの音楽家として活動し始めたときからわずか10年だが、その間に時代は大きく変わったと講師のティモシー・ジョーンズ博士はいう。1789年におこったフランス革命後 […]

ロイヤル・アカデミー 音楽白熱教室 第2回「社交の時代の音楽~モーツァルト」 20160304

「音楽と社会」をテーマにイギリス王立音楽院から送る白熱教室。時代を代表する音楽家を通して、社会の要請に彼らがどう応え、新しい時代を切り開いていったのかを見ていく 幼い頃から音楽的才能を発揮し神童と呼ばれたモーツァルト(1756~1791)。若くして宮廷音楽家として大成功を収めたが、今回講師のティモシー・ジョーンズ博士が注目するのは晩年の10年間。その時期モーツァルトは宮廷音楽家という安定した立場を […]

ロイヤル・アカデミー 音楽白熱教室 第1回「神と王に仕える音楽~バッハ~」 20160226

「音楽と社会」をテーマにイギリス王立音楽院から送る白熱教室。時代を代表する音楽家を通して、社会の要請に彼らがどう応え、新しい時代を切り開いていったのかを見ていく 音楽の父と言われるヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685~1750)。音楽が君主を通して国に、教会を通して神に仕えるものとして具体的な役割を果たしていた17世紀の文化。それがバッハの人生にどのような影響を与え、そして彼の音楽がどのように […]

心と脳の白熱教室 第1回「楽観脳と悲観脳」 20160129

自分はなぜこんなに後ろ向きなのか。あいつはなぜあんなに前向きなのだろう。最新科学で性格の悩みを解き明かすとともに、実践的な性格改造に挑む特別講義を紹介する。 なぜ人間には楽観的な人と悲観的な人がいるのか。フォックス教授は、その鍵が「サニーブレイン(楽観脳)」「レイニーブレイン(悲観脳)」と呼ばれる脳の働きにあるという。人間の脳には危険を察知し恐怖を感じる回路と快楽や喜びを感じる回路があり、そうした […]

お金と感情と意思決定の白熱教室 楽しい行動経済学の世界5 お金の不思議な物語 20160115

NO IMAGE

私たちはお金の使い方なら心得ていると思っている。しかしお金にまつわる失敗談は後をたたない。浪費を防ぐには一体どうすればいいのか?お金と人間心理の不思議な世界! 私たちはお金の使い方なら心得ていると思っている。しかしお金にまつわる失敗談は後をたたない。ついつい浪費してしまうのを防ぐには一体どうすればいいのか? 最大のヒントは「消費と支払いのタイミング」をうまく設定すること。例えばバーで最後にクレジッ […]

お金と感情と意思決定の白熱教室 楽しい行動経済学の世界4 自分をコントロール 20160108

NO IMAGE

食事に気をつけたり運動したりすることは、将来有益だと分かっていても、スイーツなどを前にするとついつい気が緩む。知られざる自己コントロールのノウハウを探る! 食事に気をつけたり運動したりすることは、将来有益だと分かっていても、スイーツなどを前にするとついつい気が緩む。人間が、目の前の利益に執着する証拠だ。自分のことだけでなく、地球温暖化の問題に人類が真正面からなかなか取り組めないのも同じ理由だ。将来 […]

お金と感情と意思決定の白熱教室 楽しい行動経済学の世界3 感情をどう動かすか 20151225

NO IMAGE

私たちの「感情」は非常に不可解な存在である。「感情」が合理的な判断をじゃまするという特徴をふまえると、人々の感情をコントロールするすべまでが見えてくる。 私たちの行動を理性とともに規定している「感情」は非常に不可解な存在である。例えば「感情」は“顔の見える存在”に想像以上に動かされがちだ。テレビニュースがルワンダの虐殺の報道時間よりも長く、井戸に落ちた一人の少女の救出劇に時間をかけた理由もこれだ。 […]

お金と感情と意思決定の白熱教室 楽しい行動経済学の世界1 人間は不合理な存在 20151211

NO IMAGE

「なぜ、ダイエットを誓ったはずなのにデザートを見ると決意が揺らぐのか!?様々な実験やケーススタディーを通じて、人間の不合理性を解き明かす行動経済学の魅力に迫る! 私たちは日々様々な意思決定を行っていて、その選択については十分「合理的」に判断している“つもり”でいる。しかし人間が合理的な存在だというのは本当だろうか? なぜ、ダイエットを誓ったはずなのにデザートを見ると決意が揺らぐのか!? 不要なもの […]