「 ドキュメンタリー・教養 」動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
テレメンタリー2016スペシャル 「災害列島を生き抜く~被災地復興への希望~」 20161226

テレメンタリー2016スペシャル 「災害列島を生き抜く~被災地復興への希望~」 20161226

今年も日本列島は地震や水害など自然災害が相次いだ。日本人は過去何度も災害からの再生を経験している。悲しみから立ち上がり復興する被災地の人たちをカメラが追った。

記事を読む

NNNドキュメント「手のひらの“凶器”~ながらスマホ その代償~」 20161225

NNNドキュメント「手のひらの“凶器”~ながらスマホ その代償~」 20161225

人々を熱狂させた配信ゲーム。人気のかげで、運転中の“ながらスマホ”によって奪われた命。『これは交通事故ではない。殺人事件だ』厳罰化を望む遺族の思いは届くのか。 【ナレーター】玉川砂記子 今夏、日本中、そして世界中を熱狂させた配信ゲーム。その人気のかげで犠牲になった命。スマホでゲームをし...

記事を読む

NHKスペシャル プラネットアースⅡ「第1集 極限の地のサバイバル」 20161225

NHKスペシャル プラネットアースⅡ「第1集 極限の地のサバイバル」 20161225

幻の動物ユキヒョウ。雄が雌を巡って争う姿を世界初撮影。最古の砂漠ではライオンがキリンを襲う決定的瞬間をとらえた。第1集は極限の地で見せる生き物たちのサバイバル。 誕生から40億年。生命は地球上のあらゆる環境へと進出してきた。しかし、そこには絶えず過酷な環境との闘いや生き物同士の争いがある。第...

記事を読む

情熱大陸【林家たい平/落語界の打ち上げ花火…岐路に立つ52歳の噺家に密着】 20161225

情熱大陸【林家たい平/落語界の打ち上げ花火…岐路に立つ52歳の噺家に密着】 20161225

落語家/林家たい平▽落語を知らない人に、魅力を伝えるのが使命…それ故求められる「元気なキャラクター」が時に芸の邪魔に…客との真剣勝負“本当のたい平”お魅せします 落語会を開けば全国どこでも即満席となり、サイン会には長蛇の列…人気演芸番組の大喜利メンバーとしても活躍し、夏には24時間マラソンに...

記事を読む

渡辺篤史の建もの探訪 20161224

渡辺篤史の建もの探訪 20161224

「下町に馴染む 自由空間の家」東京都文京区・佐伯+タン邸 下町に馴染む外観と地域に開かれた造りの事務所付き住宅。使い方を限定せず必要に応じて仕切る各階ワンルームの3階建て。照明や家具の試作品など手作り感もある建築家自邸 渡辺篤史 ☆番組HP  

記事を読む

NHKスペシャル 私たちのこれから「#長時間労働」 20161224

NHKスペシャル 私たちのこれから「#長時間労働」 20161224

若者を中心に相次ぐ過労自殺などを受けて、改めて是正が求められる長時間労働。解消を阻む壁は何?具体的な対策は?今度こそ本当に解消するために…徹底討論で探る! 電通の新入社員だった女性の過労自殺などを受けて、改めて是正が求められる長時間労働。その解消は、少子化や人口減少時代の労働力確保などの課題...

記事を読む

NNNドキュメント「その哭き声が聞こえるか~避難区域の動物たち~」 20161218

NNNドキュメント「その哭き声が聞こえるか~避難区域の動物たち~」 20161218

福島県の原発事故避難区域では、イノシシやアライグマが街を荒らし、イヌやネコの野生化が進んでいた。事故から5年、動物たちは人々の帰還を妨げる存在となっていた。 【ナレーター】浜田治貴 無人の商店街をわがもの顔でうろつくイノシシの群れ。主のいない家を荒らすアライグマ。かつて家族の一員として飼い主...

記事を読む

情熱大陸【本波幸一/“幻魚イトウ”は必ずいる!最北の地で挑む「最強の釣り士」】 20161218

情熱大陸【本波幸一/“幻魚イトウ”は必ずいる!最北の地で挑む「最強の釣り士」】 20161218

釣り士/本波幸一▽初冬の北海道、体長150cmの巨大魚イトウ…写真や剥製の物証はなく昭和時代に数本が釣り上げられた情報のみ…“侍”の魂を持つ釣り士の竿がしなる!

記事を読む

ザ・ノンフィクション十年後のタクシードライバー 20161218

ザ・ノンフィクション十年後のタクシードライバー 20161218

主人公は男と女のタクシードライバー▽男は家族と離れ東京へ…ところが▽女は北の街で…全ては家族のため▽10年後…2人に信じられない出来事が▽家族崩壊の時 自分の人生が将来どうなっているか、想像したことはありますか? 今から10年前、私たちは2人のタクシードライバーとその家族を取材しました...

記事を読む

テレメンタリー2016「救いなき喪失~諫早女児誘拐殺害事件・遺族の15年」 20161218

テレメンタリー2016「救いなき喪失~諫早女児誘拐殺害事件・遺族の15年」 20161218

15年前に長崎県で起きた女児誘拐殺人事件。加害者の誠意ある謝罪はなく、残された父親はPTSDを抱え家族とも離れて困窮した暮らしを送る。遺族の15年を見つめた。

記事を読む

NHKスペシャル「スクープドキュメント 北方領土交渉」 20161218

NHKスペシャル「スクープドキュメント 北方領土交渉」 20161218

北方領土問題を巡り、首脳会談で新たな一歩を踏み出した日本とロシア。秘密裏に進んだ交渉で何が話し合われたのか。関係者の証言などから交渉の一端を浮かび上がらせます。 北方領土問題を巡り、首脳会談で新たな一歩を踏み出した日本とロシア。ことし5月以降、議論を本格化させてきました。一連の交渉は秘密裏に...

記事を読む

渡辺篤史の建もの探訪 20161217

渡辺篤史の建もの探訪 20161217

「夏涼しく冬暖かい ねじれ屋根の家」千葉県柏市・河村邸 太陽光パネルの角度を最適化する“ねじれ屋根"やサンルームの暖気を循環させるなど環境性能を高めた家。高齢の建主が趣味を楽しみつつ暮らせるよう計画された平屋的間取り

記事を読む

情熱大陸【松田一希/テングザルなぜ鼻が長い?若き研究者の新たな挑戦を追う!】 20161211

情熱大陸【松田一希/テングザルなぜ鼻が長い?若き研究者の新たな挑戦を追う!】 20161211

霊長類学者/松田一希▽世界でも数少ない“テングザル”研究者。ボルネオ島にだけ生息する野生の個体を11年かけて研究する「フィールド調査の鬼」ビックリ新たな発見? “天狗”を思わせる巨大な鼻に、大きくせり出した太鼓腹…一度見たら忘れられない個性的な容貌とユニークな習性の“テングザル”は、名前こそ広く...

記事を読む

テレメンタリー2016「二つの責任 ~台風10号上陸 その時~」 20161211

テレメンタリー2016「二つの責任 ~台風10号上陸 その時~」 20161211

台風10号の水害で甚大な被害の出た岩手県岩泉町。9人が亡くなった高齢者施設には避難勧告は出されなかった。非難は町長に向けられる。想定外の災害で行政の負う責任とは。 8月30日、観測史上初めて東北地方の太平洋岸に上陸し東北・北海道に大きな被害をもたらした台風10号。岩手県岩泉町では、21人が死亡...

記事を読む

ザ・ノンフィクション私、人生変わりました。 20161211

ザ・ノンフィクション私、人生変わりました。 20161211

主人公は16歳の不良少年▽満たされない心…なぜ?▽しかしある大人との出会いが少年の人生を変えることに▽深夜に一人夢中にさせたあることとは?▽意外な結末 あなたには、夢中になれるものありますか? 取材を始めた時、晴吉はまだ16歳。地元ではちょっと知られた不良でした。学校、家族、友達…。今の生活に...

記事を読む

NHKスペシャル「自閉症の君が教えてくれたこと」 20161211

NHKスペシャル「自閉症の君が教えてくれたこと」 20161211

2014年に放送し、芸術祭大賞など国内外で多くの賞を受賞した番組の続編。ひとりの自閉症の若者が、アイルランド在住の作家と出会うことで生まれた希望と成長の物語。 重度の自閉症である東田直樹さんは、人と会話をすることはできないが、文字盤を使えば豊かな表現力を発揮する。世界的にもまれな存在である。24...

記事を読む

NNNドキュメント「ゼロ戦乗りの遺言~真珠湾出撃 原田要の肖像~」 20161211

NNNドキュメント「ゼロ戦乗りの遺言~真珠湾出撃 原田要の肖像~」 20161211

憲法記念日に死去した原田要さん(享年99)。ゼロ戦操縦士として戦場の空を転戦する中で、彼の意識は変わっていく。「戦争は人殺し。私ほど人を殺めた者はいない」と。 【ナレーター】萩原聖人 今年の憲法記念日に死去した原田要さん(享年99)は戦時中、ゼロ戦操縦士として各地の戦場の空を転戦した。繰り返...

記事を読む

渡辺篤史の建もの探訪 20161210

渡辺篤史の建もの探訪 20161210

「桜に向き合う“くの字"の家」神奈川県大和市・町田邸 桜並木へ顔を向けたような“くの字"平面の家。木枠の窓が個性的な外観は地域のランドマークとも言える存在感。内部は床に高低差を設けた事で様々な場所から景色を楽しめる

記事を読む

NHKスペシャル「ボブ・ディラン ノーベル賞詩人 魔法の言葉」 20161210

NHKスペシャル「ボブ・ディラン ノーベル賞詩人 魔法の言葉」 20161210

未公開の「秘蔵メモ」や貴重な映像の数々には、“生ける伝説”ボブ・ディランの創作の秘密が記録されていた。今年ノーベル文学賞を受賞したアーティストの実像に迫る。 今世紀最高の詩人、偉大な芸術家、反戦フォークの旗手…。その謎めいた比喩や歌詞は、正確な意味をめぐって世界でも議論が続いてきた。「ボブ・...

記事を読む

NNNドキュメント「迷走する轍(わだち)~貸切バス業界の闇~」 20161204

NNNドキュメント「迷走する轍(わだち)~貸切バス業界の闇~」 20161204

15人が死亡した軽井沢のバス事故。その後、極端に運賃を抑える旅行業者や仕事を得るためそれを受け入れるバス業者。運賃の偽装を見抜けない国の監査体制が浮かび上がる。 【ナレーター】二又一成 今年1月、長野県軽井沢町でスキーツアーバスが道路下に転落、15人が死亡した。娘を失った遺族は「事故は...

記事を読む