2018年7月

1/6ページ

渡辺篤史の建もの探訪 20180721

「外部リビングがある大屋根の家」埼玉県さいたま市・八幡邸 大屋根の下、屋内のDKから外部リビングまで連続する大空間の家。床はこだわりのレンガタイル敷き。食品庫や間仕切りなど細部は建主自らデザイン。家型の離れはSOHOに 渡辺篤史 ※この番組は休止になる場合があります ☆番組HP  http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/

渡辺篤史の建もの探訪 20180707

「路地に開く 巨大本棚の家」東京都杉並区・小口邸 北側に3階分の高さの巨大本棚、南側に大開口を設けた二面接道の家。更に南は車の通れない路地との間の塀を開いて街に繋がる。2階の手摺は床に変形して本棚へアクセスする 渡辺篤史 ☆番組HP  http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/

渡辺篤史の建もの探訪 20180630

「くつろぎの場いろいろ 崖上の家」茨城県取手市・坂井邸 和紙に包まれる縦穴空間、大開口の畳の間など崖上の立地ならではの眺望を多様な空間から楽しむ家。タイル、薪ストーブなど細部にも凝る。自転車の練習・整備ができる車庫も 渡辺篤史 ☆番組HP  http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/

渡辺篤史の建もの探訪 20180623

「木製スケルトン階段が中心の家」東京都世田谷区・小野邸 中心の木製スケルトン階段が多様な居場所を提供し、上下空間を繋ぐ家。経年変化を楽しめる素材など、住みながら“育てていく”余地を残す。隣家との間に塀を設けず庭を共有 渡辺篤史 ☆番組HP  http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/

渡辺篤史の建もの探訪 20180609

「ケヤキと川面を取り込む窓の家」東京都立川市・林邸 ケヤキの大樹と川面の景色を取り込んだ家。景色を楽しみつつ過ごせるよう2階居間の水平連続窓に沿ってカウンターを設置。南に隣家が迫るが、高窓と天窓の効果で明るい空間 渡辺篤史 ☆番組HP  http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/

渡辺篤史の建もの探訪 20180602

「アートが映えるギャラリーハウス」東京都世田谷区・ハンター邸 鋼鉄製トラスと集成材の合成梁によって無柱空間を実現した家。たくさんあるトラスを全て違うデザインにする遊び心。1階は近隣の人々が気軽にアートに触れられるギャラリー 渡辺篤史 ☆番組HP  http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/

宝刀 ~日本人の魂と技~「平成の刀鍛冶 ~現代刀はどのように作られているのか」 20180704

「平成の刀鍛冶」現代の刀鍛冶を訪ね、松平健が奈良県桜井市へ▽8年の技を受け継ぐ月山鍛冶、刀匠の技に迫る 日本人の人生観から美意識にまで影響を及ぼしてきた「刀剣『日本刀』」に焦点をあてながら、日本人の魂と技に迫るシリーズ「宝刀(たからのかたな)」。第三話のテーマは「平成の刀鍛冶」。日本を代表する文化のひとつ「日本刀」、誰もが知る日本刀ですが、その制作工程や現場は一般にはあまり知られていません。 今回 […]

1 6