ザ・ノンフィクション 男23歳 親にホストと言えなくて 20170702

ザ・ノンフィクション 男23歳 親にホストと言えなくて 20170702

主人公は歌舞伎町の23歳ホストたいぞう▽東京で一発当てたい‥でも親に言えない悩みが▽美容整形を親には秘密▽そして帰省を決意‥母の混乱どうするたいぞう?

たいぞう、23歳。彼は今、新宿、歌舞伎町でホストをしています。 以前は、大手金属加工メーカーでサラリーマンをしていましたが、東京で一旗揚げようと、一年前に歌舞伎町にやってきました。 毎日、持ち前の明るさと、場を盛り上げるトークで接客します。しかし、230店以上のホストクラブがしのぎを削る歌舞伎町。そこで成功するには、売り上げを上げないといけません。そんな、たいぞう、最近の働きぶりがよくありません。
お客さんと話もせず、飲めない酒を飲んでは酔いつぶれます。その理由は、田舎の両親。歌舞伎町でホストをしていることを両親に言い出せずにいたのです。そして、もう一つ、両親に隠していることがありました。それは、美容整形。モテたいという軽い気持ちから始まった美容整形。これまでに使った金額は300万円。田舎の両親とは3年間会っていません。両親はたいぞうが何をしているのか知りません。田舎の両親に、親孝行も
できていない。世間体を考えるとホストをしているとは言えない。 まして、整形して顔がかわっているとなると…そう考えると、たいぞうは、親に合わせる顔がないのです。 そんなある日、たいぞうは決意します。向かったのは両親が住む熊本の実家。 両親にすべてを話すことにしたのです。果たしてたいぞうは、両親にきちんと話すことができるのでしょうか。一方、たいぞうの顔を見た両親は・・・。切ない親子の関係を描きます。
【語り】 三浦理恵子
【チーフプロデューサー】 張江泰之  【撮影・演出】 簗瀬久  【制作著作】 フジテレビ
【オープニング・テーマ曲】 〈曲名〉サンサーラ  〈作曲〉山口卓馬  〈演奏〉武部聡志  【エンディング・テーマ曲】 〈曲名〉サンサーラ  〈作曲〉山口卓馬  〈歌〉宮田悟志


【サムネイル】

【動画リンク】

ザ・ノンフィクション 男23歳 親にホストと言えなくて 20170702 1400 日曜日 フジテレビ.