74 回閲覧されました。

開運!なんでも鑑定団【800年続く旧家に眠っていた古文書に衝撃値!】 20171205

800年、29代続く由緒ある家系。その家に残された最古の古文書。江戸時代初期には、既に家にあったと言われているお宝、果たして鑑定結果は!?

【800年続く旧家に伝わるお宝】 依頼人は、長野県飯島町で800年続く飯島家の29代目当主。お宝は飯島家に残る古文書。依頼人の家には、先祖が遺した古文書が数千点残っており、お宝は、その中で最も古いもののようだ。江戸時代初期には既に家にあったと言われているので、価値があるものでは?と期待している。果たして鑑定結果は!?

【あなたも鑑定に挑戦してみませんか?】 データ放送では、番組で紹介するお宝の鑑定額当てクイズに挑戦できます。「伝説の鑑定士」になって、番組公式目利き認定証と番組特製グッズを手に入れよう!リモコンのボタンを押せばどなたでも参加できます!

【MC】 今田耕司、福澤朗 【ゲスト】 林海象 【アシスタント】 片渕茜(テレビ東京アナウンサー) 【出張リポーター】 石田靖 【ナレーター】 銀河万丈、冨永みーな

中島誠之助(古美術鑑定家) 北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長) 安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主) 山村浩一(「永善堂画廊」代表取締役) 阿藤芳樹(「阿藤ギャラリー」代表取締役) 田中大(「思文閣」代表取締役) 東原武文(「扶桑書房」店主)

解説放送あり

http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/


【サムネイル】

【動画リンク】

開運!なんでも鑑定団【800年続く旧家に眠っていた古文書に衝撃値!】 20171205 2054 火曜日 テレビ東京

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。