120 回閲覧されました。

開運!なんでも鑑定団【番組23年の歴史で初登場の仰天鑑定】 20180107

昭和レトログッズコレクターが10年かけて収集!戦時中、金属供出のため作られた珍品の一大コレクション!果たしてその値段は? ▽近代洋画の巨匠が屏風にパステル画?

【スタジオ騒然!戦時中に作られた珍品の一大コレクション!】 依頼人は昭和のレトログッズが大好きで、おもちゃやレコードなどを収集。暇さえあれば骨董市やネットオークションで掘り出し物を探している。お宝は戦時中、金属供出のために作られた珍品で、10年程前たまたま骨董市で発見し、これは一体何だろうと興味を持ったことからコツコツと集め出した。

現在のコレクション数はおよそ500点。今回は、その中でも特に珍しい50点を持ってくる!

【MC】 今田耕司、福澤朗 【ゲスト】 SAM 【アシスタント】 片渕茜(テレビ東京アナウンサー) 【出張リポーター】 石田靖 【ナレーター】 銀河万丈、冨永みーな

中島誠之助(古美術鑑定家) 北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長) 安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主) 山村浩一(「永善堂画廊」代表取締役) 勝見充男(古美術「自在屋」店主) 飯田孝一(「日本彩珠宝石研究所」代表取締役 所長)

解説放送あり

http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/


【サムネイル】

【動画リンク】

開運!なんでも鑑定団【番組23年の歴史で初登場の仰天鑑定】 20180107 1254 日曜日 テレビ東京

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.