240 回閲覧されました。

人生デザイン U-29「林業 研修生」 20180213

重さ5キロのチェーンソーを使いこなし、急斜面に生える木を切り倒す林業の世界に、去年の夏、突然飛び込んだ25歳。涙を流すほど「早く一人前になりたい」そのわけとは?

多田千尋さんは高知県仁淀川町で暮らす25歳。林業の実践的な指導を受けながら給料を受け取ることができる研修に応募。去年山形から移住してきた。男性ばかりの林業の世界に飛び込んだのは「父と山に立ちたいから」。実家は3代続く林業一家だったが、おととし看板をおろした。多田さんは父のために家業を再建させると決意。しかし現実は厳しい。木の伐採や、工具の扱いなど力が必要な仕事も多く、多田さんは焦りを感じ始める。
【語り】松坂桃李


【サムネイル】

【動画リンク】

人生デザイン U-29「林業 研修生」 20180213 2300 火曜日 NHK教育

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.