15 PV

情熱大陸【内藤いづみ/人生の最期に幸せを…尊厳守るホスピス医。理想の終末医療】20191006


在宅ホスピス医/内藤いづみ▽「最後まで自分らしく生き抜けるように」心と体の痛みを取り除きながら、患者だけでなくその家族も支える“その人のための医療”の現場に密着

超高齢化社会の日本。病院で亡くなる人が70%以上もいる中、政府は2012年にプロジェクトチームを設置し、在宅医療を推進し始めた。医師・内藤いづみは「命に向き合う医療」のために、その人の病状や環境、家族や周囲の人間関係までも配慮した、究極の“その人のための医療”を実践。「そこには希望があり、笑顔があります」という内藤。死の現場で、なぜ笑顔があるのか?“在宅ホスピス”現場に密着し、その熱い思いに迫る。
【在宅ホスピス医/内藤いづみ】 1956年、山梨県六郷町(現・市川三郷町)生まれ。福島県立医科大学卒業後、研修医を経て勤務医に。1986年イギリス人夫と共に英国へ移住、プリンス・オブ・ウェールズ・ホスピスで研修を受ける。帰国後、日本でまだホスピス医療の概念がない時から、24時間休むことなく命に向き合う“その人のため”の医療を実践。現在も、もっと知ってもらいたいと講演活動や執筆活動をこなす。63歳。
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! twitter.com/jounetsu
【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! www.facebook.com/jounetsutairiku
【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! www.instagram.com/jounetsu_tairiku/
◇番組HP www.mbs.jp/jounetsu/
【製作著作】MBS(毎日放送)





【動画リンク】

【Fembed】

【verystream】

情熱大陸【内藤いづみ/人生の最期に幸せを…尊厳守るホスピス医。理想の終末医療】20191006

【openload】

情熱大陸【内藤いづみ/人生の最期に幸せを…尊厳守るホスピス医。理想の終末医療】20191006

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください