68 回閲覧されました。

新報道2001 20170108

トランプ新政権で米中対立?対中強硬派起用▽トヨタを名指し批判

8日の「新報道2001」。 トランプ次期米大統領は、トヨタのメキシコでの工場建設計画を批判するなど、保護主義的な経済政策の行方が注目される。次期通商代表部代表や新設の国家通商会議のトップに、対中強硬派の起用を決めたが、中国の経済政策を批判してきたトランプ氏により、米中の経済関係はどうなるのか。日本経済にも影響を及ぼすのか。 一方、先月のトランプ氏と台湾の蔡英文総統の電話会談に対し、中国は強く

反発した。「一つの中国」の原則を見直す可能性を示唆するトランプ氏により、米中が対立する可能性はあるのか。また、中国海軍の空母「遼寧」が、元日から南シナ海で本格的な訓練を開始した。米国に対するけん制と見られるが、今後、中国の海洋進出をめぐる問題はどうなるのか。 トランプ政権下の米中関係を見通し、日本の取るべき戦略を議論する。 出演は、自民党・下村博文幹事長代行、キヤノングローバル研究所研究主幹・

宮家邦彦氏、評論家・金美齢氏、評論家・石平氏、大和総研チーフエコノミスト・熊谷亮丸氏。

下村博文(自民党・幹事長代行)  宮家邦彦(キヤノングローバル研究所研究主幹)  金美齢(評論家)  石平(評論家)  熊谷亮丸(大和総研チーフエコノミスト)  須田哲夫(フジテレビキャスター)  山中章子(フジテレビアナウンサー)  平井文夫(フジテレビ上席解説委員)


%e6%96%b0%e5%a0%b1%e9%81%932001-20170108%e3%80%800730%e3%80%80%e6%97%a5%e6%9b%9c%e6%97%a5%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%b8%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93

【動画リンク】

・動画の再生まで少し時間がかかる場合があります。

新報道2001 20170108 0730 日曜日 フジテレビ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。