157 PV

ETV特集 シリーズ アメリカと被爆者 第2回「“赤い背中”が残したもの」 20180811

アメリカ人作家が書いた被爆者の物語「NAGASAKI」。いま静かな波紋を広げている。長崎の5人の被爆者、その半生を描いたこの本から米の若者たちは何を見出すのか。


【サムネイル】

【動画リンク】

ETV特集 シリーズ アメリカと被爆者 第2回「“赤い背中”が残したもの」 20180811 2300 土曜日 NHK教育

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください