112 PV

ザ・ノンフィクション 歌舞伎町で生きる~26歳・沙世子の場合~20181216

主人公は歌舞伎町で接客業をする沙世子26歳▽ナンバー1キャバ嬢から転身ところが▽同年代の女性を管理する難しさに直面し▽引き抜きと退店で身体は悲鳴そして

キャバクラの聖地、新宿歌舞伎町。今回の主人公は、この激戦区の歌舞伎町で、店のママをしている沙世子さん、26歳。沙世子さんは2年前、知人の飲食店経営者に見込まれて店のママを任されることになりました。 沙世子さんが目指すのは、キャバクラでもクラブでもない、お客さんが気軽に楽しめるカジュアルな店作り。そんなこともあって、沙世子さんの店には、本気で稼ぐキャバクラ嬢というよりも、
水商売経験の浅いキャストが少なくありません。しかし、そのことが、やがて沙世子さんに、今時の女性を管理していくことの難しさを実感させることに…。 店のママになる前は、歌舞伎町で売上ナンバー1のキャバクラ嬢をしていた沙世子さん。いまの店でも、キャストの先頭に立って接客します。ところが、キャバクラ嬢だった頃よりも多忙を極め、体は悲鳴を上げていきます。
そして人の移り変わりの激しい夜の世界だけに、沙世子さんの店にも思わぬ展開が待ち受けていたのです。店の大イベントを前に、次第に追い詰められていく沙世子さんの姿に迫ります。
【語り】 辺見えみり
【チーフプロデューサー】 張江泰之  【構成・演出・プロデューサー】 野村彰人  【制作協力】 ジーズ・コーポレーション  【制作著作】 フジテレビ  【エンディング・テーマ曲】 〈曲名〉サンサーラ  〈作曲〉山口卓馬  〈編曲〉YANAGIMAN  〈歌〉宮田悟志


【サムネイル】

【動画リンク】

【動画リンク】

ザ・ノンフィクション 歌舞伎町で生きる~26歳・沙世子の場合~20181216

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください