27 PV

世界遺産「日本初撮影!南米のロストワールド」 20190407

日本のテレビ初撮影!コロンビアの「チリビケテ国立公園」絶壁に囲まれた不思議な山が林立する大秘境。ヘリ空撮1140分!隔絶された人跡未踏のロストワールドの謎に迫る

今回は南米コロンビアの大秘境、チリビケテ国立公園。一般人立入り禁止という、人の住む世界から隔絶されたロストワールド。その存在が知られ始めたのは21世紀に入ってからのこと。広大な密林に、絶壁に囲まれたテーブル状の山・テプイがいくつも聳え立っている。大迫力の秘境をヘリコプターから徹底的に撮影。空撮の素材はトータルで1140分に及んだ。日本のテレビカメラが初めて捉えた驚異の絶景が見所。

<遺産名>チリビケテ国立公園(コロンビア) <登録年>2019年 <登録基準>(III)文化の証拠  (IX)生命進化 (X)絶滅危惧種
ディレクター/田口 亮 空から眺めたチリビケテは、とにかく圧巻の一言です。ヘリコプターで何日も飛び、徹底的に撮り尽くしました。誰も見たことがないような驚きの映像のオンパレード。必見です!
<メインテーマ曲> 「鳥のように」大橋トリオ <エンディングテーマ曲> 「つくる世界」大橋トリオ
次回は、日本初撮影!コロンビアの「チリビケテ国立公園」の第2弾!テーブル状の山「テプイ」の中腹には…無数の岩絵が描かれている。その数、実に7万5千点。いったい誰が?何の為に?天空壁画の謎に迫る!
◇番組HP www.tbs.co.jp/heritage/
facebookのアカウントはこちら! www.facebook.com/heritage.TBS
twitterのアカウントはこちら! @heritage_TBS twitter.com/heritage_TBS
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。


【サムネイル】

【動画リンク】

世界遺産「日本初撮影!南米のロストワールド」 20190407

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください