65 回閲覧されました。

ザ・ノンフィクション 情念の男~ギリヤーク尼ケ崎~ 20190414

主人公は伝説の男・ギリヤーク尼ヶ崎88歳▽身体一つを武器に投げ銭人生▽だが心身は悪化…物忘れに車椅子生活そしてパーキンソン病▽なのに観客は号泣その理由

「最後の大道芸人」と称される伝説の人物、ギリヤーク尼ヶ崎(88歳)。 身体ひとつを武器に、日本のみならず世界各地を巡り、投げ銭だけを稼ぎに生きてきた。 しかし、老いとともに様々な病に襲われる。住まいは都営団地。物忘れもひどくなり、一人では歩行もままならぬ車椅子の生活。2015年末にはパーキンソン病が悪化。 10歳年下の弟が献身的な介護をしているが、老老介護のストレスを抱え、
兄弟の確執は、激しくなっていく。 そんなギリヤーク尼ヶ崎が街頭デビュー50周年を迎えた2018年の一年間に密着取材。病と闘いながら全国各地の記念公演に挑む貴重な日々を追った。ときに身体と心のコントロールを失いながらも、街頭公演を続けるギリヤーク。壮絶な生き様と、世代を超え人々の心を揺さぶる〈魂の踊り〉。そして、最悪な体調で迎えた新宿公演、2000人の観衆を涙させ、喝采を浴びた演出とは?
【語り】 白石聖
【チーフプロデューサー】 張江泰之  【プロデューサー】 谷口欽也  【ディレクター】 池ヶ谷実希  【制作協力】 アリソデナサソ  【制作著作】 フジテレビ  【エンディング・テーマ曲】 〈曲名〉サンサーラ  〈作曲〉山口卓馬  〈編曲〉宮崎誠  〈歌〉The Super Ball


【サムネイル】

【動画リンク】

ザ・ノンフィクション 情念の男~ギリヤーク尼ケ崎~ 20190414

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください