32 PV

又吉直樹のヘウレーカ! 選「“狭い空間”でも居心地よくなりますか?」 20200212


息も詰まる狭く閉鎖的な空間で、果たして人は心地よく暮らせるのか?そのヒントが南極の昭和基地と火星居住模擬実験にあるという。これで三畳一間もバラダイスってホント?

「極地という“厳しい”環境にこそ人間の住まいの本質が現れる」極地建築家の村上祐資さんは、過酷な体験を通して考えてきた。アメリカユタ州の砂漠で80日間過ごした「模擬火星基地」での居住実験。南極観測隊員としての越冬経験。閉ざされた空間の中では、いかに選び抜かれた者でも精神の安定を失うが、ちょっとした工夫で「人間らしさ」を取り戻せる。継ぎ足しを重ねながら維持されてきた南極の昭和基地にその知恵を探る。
【出演】又吉直樹,【解説】極地建築家…村上祐資,国立極地研究所南極観測センター…樋口和生,【語り】吉村崇





【動画リンク】

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください