18 PV

セブンルール【小澤征爾に師事した指揮者の新星!ドイツ在住で世界に挑み続ける】 20200218


クラシックの本場・ドイツを拠点に活躍する指揮者に密着!
狭く険しい“指揮者”の道に向き合い、「観客の心を動かす」演奏を追い求める彼女の7つのルールとは?

◎7つのルールを手掛かりに、輝く女性たちの素顔を映し出す新感覚ドキュメント。 スタジオではYOU、オードリー若林正恭、俳優・青木崇高、芥川賞作家・本谷有希子の4人が予測不能な自然体トークを展開する。 ◎ドイツを拠点に活躍する指揮者・齋藤友香理(36)。音楽大学のピアノを専攻し、卒業後に小澤征爾に指揮を学んだ彼女。2015年、若手指揮者の登竜門といわれるフランスのブザンソン国際コンクールで聴衆と
オーケストラから贈られる最優秀賞に輝いた。しかし指揮者の世界は狭き門。フリーで活躍するも、36歳ではまだまだ若手だという。 ◎サラリーマンの父、専業主婦の母のもと、東京の下町で生まれ育った齋藤。4歳の時にピアノを始め、大学まで続けていたものの、一人で演奏する寂しさを感じていた。そんな彼女は高校3年生の頃に初めて指揮をしたことで、指揮者の魅力を知ったという。 ◎その後、本格的に指揮を学ぼうと
選んだ先が、ドイツのドレスデン。この地に移り住んで6年。コンクールで賞を取っても、オーディションを受けては落選の日々、彼女はここ一年以上、ヨーロッパでの指揮の仕事を行えていないが・・・。 ◎そんな彼女に、ベートーベンの交響曲「第九」を指揮するという機会が舞い込んだ。 浮き沈みの激しい指揮者の道を進み、観客の心に届く演奏を追い求める齋藤の7つのルールに迫る。
【スタジオキャスト】 青木崇高  本谷有希子  YOU  若林正恭(オードリー)
【齋藤友香理/指揮者】 東京都足立区出身36歳。4歳でピアノを始める。桐朋学園高校・大学でピアノを専攻。大学卒業後、指揮者を志し小澤征爾など世界的な指揮者に学ぶ。2013年よりドイツ・ドレスデンに拠点を移し、2015年に若手指揮者の登竜門「ブザンソン国際コンクール」で聴衆賞とオーケストラ賞を受賞。家族は両親と妹。
◎YouTubeで未公開トーク「フライング!セブンルール」公開中!
◎公式ホームページ 
www.ktv.jp/7rules/ 
◎公式ツイッター  @7rules_ktv 
◎公式インスタグラム  @7rules_ktv  ◎公式LINEもオープン!





【動画リンク】

UPTOBOX(server UT)の会員登録とプレミアム会員登録の方法
【プレミアム会員は「広告表示なし」「視聴時間制限なし」等のメリット多数あり】

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください