ザ・ノンフィクション あの日 妹を殺されて 後編 ~15年後の涙と誓い~ 20201004 | news系動画ライブラリ

318 PV

ザ・ノンフィクション あの日 妹を殺されて 後編 ~15年後の涙と誓い~ 20201004


かつて妹を殺された男が選んだのは元受刑者を雇用すること…事件から15年…「お話ししたいことがある」と妹と加害者が働いていた会社の上司からのメールが届いた…

かつて罪を犯し、刑務所や少年院から出てきた人物の身元を引き受け、仕事と住居を提供し「親代わり」になっている男がいる。大阪で会社の社長を務める、草刈健太郎(47歳)。 罪を犯した人間の採用面接を行なうために訪れた全国の刑務所・少年院は50カ所を超える。もちろん、仕事と住む家を与えたからといって、全員が更生できるわけではない。 裏切られても、決してあきらめず、元犯罪者の支援に取り組むのには深い理由が…
15年前、最愛の妹を留学先のロサンゼルスで殺されたのだ。犯人はアメリカ人の夫。 犯罪被害者の遺族となった草刈がなぜ、元受刑者の更生に懸命になるのか。 『加害者を減らせば、妹のような被害者も少なくなる。この取り組みは妹にやれと言われている気がする』と語る草刈は、かつて罪を犯した人間に、「仕事」と「住む家」を与え犯罪抑止に尽力すると妹に誓ったからだ。 更生の道を順調に歩み、草刈の活動に共感、賛同し、
活動を共にする若者が出てくるまでになった。しかし、現実は厳しく、草刈の元を巣立っていった若者が、再び草刈に助けを求めてくることもしばしば。中には再犯に走ってしまった者もいる。 そんな草刈の元に届いた一通のメール。 かつて妹と元夫が共に働いていた会社の上司が、15年の長い歳月を経て、草刈に「どうしても伝えておきたいことがある」と言うのだ。 あれから15年…事件の真相に草刈が流した涙と新たな誓いとは…
【語り】 中島美嘉
【演出】 杉原トシヒロ  【ディレクター】 水野潤 小林恭寛  【プロデューサー】 土田庄一  【チーフプロデューサー】 西村陽次郎(フジテレビ)  【制作協力】 ゼロクリエイト  【番組テーマ曲】 〈曲名〉サンサーラ  〈作詞・作曲〉山口卓馬、書上奈朋子  〈歌〉竹原ピストル





【動画リンク】

uptobox.com/lcd0e84to2z2

📌UPTOBOX(server UT)の会員登録とプレミアム会員登録の方法
【プレミアム会員は「広告表示なしで即時再生」「視聴時間制限なし」等の機能により快適に利用できます】

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください