ザ・ノンフィクション 母の涙と罪と罰 2020 後編 ~元ヤクザと66歳の元… 20201101 | news系動画ライブラリ

321 PV

ザ・ノンフィクション 母の涙と罪と罰 2020 後編 ~元ヤクザと66歳の元… 20201101


仕事をクビになった元ヤクザの学が66歳の元受刑者を引き受ける…覚醒剤におぼれ人生の半分を刑務所で過ごした男性…やり直しを目指し支援を続けるものの“事件”が…

ザ・ノンフィクション 母の涙と罪と罰 2020 後編 ~元ヤクザと66歳の元受刑者~
前科者、元ヤクザ、薬物依存、そこから抜け出し、生き直したいという人々…そんな彼らを支えていくことに人生をかけている男がいる。遊佐学(45)は、自身も元ヤクザで、覚醒剤で逮捕された前科がある。服役した学を故郷の母は信じて待っていてくれた。家族に支えられて、新しい人生を歩み始めることが出来たのだ。今度は自分が誰かの支えになりたいと、依存症の回復施設で働き始めた学。「必ずやり直せると人に信じてもらうこと
が力になる」しかし、突然クビになってしまう。次の仕事が見つからず、生活も苦しい中、学は元受刑者の支援を決意する。 今年3月、学は刑務所から出所したばかりの高野さん(仮名・66)を自宅に引き受けた。覚醒剤の使用を繰り返し、12度の服役、合わせて30年間を刑務所で過ごした。妻や子供にも見放されてきた彼にとって学は唯一の希望だった。 1カ月後、学のサポートで一人暮らしを始めた高野さんが始めたのは、父の墓
捜し。今回、刑務所の中で知った父の死。唯一自分を見捨てないでいてくれた父にどうしても手を合わせたかった。しかし、手がかりはあまりにも少ない。そして、高野さんはある決意をする。30年、連絡を取れなかった娘、40年、絶縁状態だった母に会いに行くというのだ。果たして受け入れてくれるのだろうか…今度こそやり直したい。今度こそ普通の生活を手に入れ、家族との関係を取り戻したい。しかし、“事件”は起きてしまう…
【語り】 安達祐実
【ディレクター】 長谷川玲子  【挿入音楽】 日向敏文  【構成】 松田恵子  【プロデューサー】 河村正敏  【チーフプロデューサー】 西村陽次郎(フジテレビ)  【制作協力】 セイビン映像研究所  【番組テーマ曲】 〈曲名〉サンサーラ  〈作詞・作曲〉山口卓馬、書上奈朋子  〈歌〉竹原ピストル





【動画リンク】

uptobox.com/bqaflax9nh49

📌UPTOBOX(server UT)の会員登録とプレミアム会員登録の方法
【プレミアム会員は「広告表示なしで即時再生」「視聴時間制限なし」等の機能により快適に利用できます】

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください