情熱大陸【サイバー技術開発集団統括/登大遊▽天才が挑むテレワークシステム開発】 20210207 | news系動画ライブラリ

64 PV

情熱大陸【サイバー技術開発集団統括/登大遊▽天才が挑むテレワークシステム開発】 20210207


コロナ禍であえぐ全国自治体を救え!驚異的な情報処理能力を持つ天才プログラマーが挑む「緊急テレワークシステム」円滑な行政サービスを止めないため…粘り強く乗り越える

わずか3%。これは昨年4月コロナ第一波による緊急事態宣言下での、全国1700自治体のテレワーク実施率だ。住民サービスを支える自治体職員。感染拡大がつづく今、このままでは円滑な行政サービスが止まるかもしれない。登大遊(36)は、経産省傘下の外郭団体「情報処理推進機構(IPA)」サイバー技術研究室室長として、総務省外郭団体などとタッグを組み「行政テレワークシステム」開発のプロジェクトリーダーを務めた。

システムを開発するために書き上げる、約20万行という膨大なプログラム。たった1文字のミスが大規模なエラーを引き起こしてしまう。“イマドキ理系男子”の風貌だが、口癖は古風な「けしからん!」。 「簡単に諦めてしまうことが、もっともけしからんのです!」 と、どんな壁であろうとも粘り強く乗り越えていく。同僚が驚く情報処理能力や、登山やテレビゲームなどからもアイデアを見いだす“天才”の姿を紹介する。

プロフィール
【サイバー技術開発集団統括/登大遊】 1984年兵庫県尼崎市出身、36歳。 経産省の外郭団体「情報処理推進機構(IPA)」のサイバー技術研究室室長。 小学2年生ごろからプログラミングに親しみ、筑波大学入学後に開発した通信ソフトウェアが、IPAにより“スーパークリエータ/天才プログラマー”に認定され、学生起業も手掛けた。筑波大学准教授を務め、昨年4月にはNTT東日本にも入社するなど多忙な日々を送る。

趣味はNTTの通信施設めぐり。

公式ページ
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください!

【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! www.facebook.com/jounetsutairiku

【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします!
www.instagram.com/jounetsu_tairiku/

◇番組HP www.mbs.jp/jounetsu/





【動画リンク】

uptobox.com/5nd87ejs3a4s

📌UPTOBOX(server UT)の会員登録とプレミアム会員登録の方法
【プレミアム会員は「広告表示なしで即時再生」「視聴時間制限なし」等の機能により快適に利用できます】

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください