情熱大陸【和牛/「舞台こそ僕らの生きる道」ブレない"漫才師"としての生き様】 20210314 | news系動画ライブラリ

57 PV

情熱大陸【和牛/「舞台こそ僕らの生きる道」ブレない“漫才師"としての生き様】 20210314


「4分の漫才の大会に出ないだけ」おととし出場資格を2年残して”M-1卒業”を宣言…1年間で500ステージに立つ漫才師・和牛の『面白い漫才』をとことん追求する日々

若手漫才の日本一を決めるお笑いコンテスト「M−1グランプリ」。この戦いで毎年のように優勝候補と目されながらも、そのタイトルを逃し続けてきた漫才師・和牛。ボケの水田信二(40)ツッコミの川西賢志郎(37)は一昨年“M−1卒業”を宣言。「4分の漫才の大会に出ないだけで、面白い漫才をやることは変わらない」飄々と話す2人は、テレビやラジオのレギュラーを抱えながらも、1年間で500ステージをこなしている。

その舞台直前、2人は客席の年齢層や男女比、団体客の有無などいくつもの要素を細かくチェックし、その時ベストのネタを披露。ネタが終わるや否やネタの反省を始める。「和牛さんほどネタにストイックな人はいないです」と、後輩たちは口を揃える。自らの笑いに妥協しない強い信念を持つ彼ら。番組では水田・川西それぞれが自身の“笑いのルーツ”と語る場所を訪れ、新ネタを作る様子も。ブレない“漫才師”としての生き様に迫る。

プロフィール
【漫才師/和牛】 2006年コンビ結成。ボケ・水田信二(40)は愛媛県、ツッコミ・川西賢志郎(37)は大阪府出身。調理師免許を持つ水田の“料理キャラ”で徐々に人気に火が付くと、2010年代はネタで一気にブレイク。M−1グランプリでは2015年以降5年連続決勝進出、3年連続準優勝の記録を残す。現在は多数のテレビレギュラーの他にラジオ、エッセイの連載などを抱えながら、年間500ステージをこなしている。

公式ページ
【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! www.facebook.com/jounetsutairiku

【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします!
www.instagram.com/jounetsu_tairiku/

◇番組HP
www.mbs.jp/jounetsu/

【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください!





【動画リンク】

uptobox.com/c72o1n45y2xy

📌UPTOBOX(server UT)の会員登録とプレミアム会員登録の方法
【プレミアム会員は「広告表示なしで即時再生」「視聴時間制限なし」等の機能により快適に利用できます】

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください