Skip to content

テレメンタリー2021「多頭飼育崩壊 ~いまそこに迫る危機~」 20210704

テレメンタリー2021「多頭飼育崩壊 ~いまそこに迫る危機~」 20210704 published on テレメンタリー2021「多頭飼育崩壊 ~いまそこに迫る危機~」 20210704 へのコメントはまだありません


ペットの不妊手術を行わず異常繁殖させてしまい飼育が困難になる多頭飼育崩壊。背景には飼い主の怠慢だけではなく、貧困、高齢化、社会的孤立など複数の要因が絡んでいた。



【動画リンク】

uptobox.com/i6qgm37i24ej

【詳細】


◇番組内容
ペットの不妊手術などを行わず異常繁殖させてしまい、飼育が困難になってしまう「多頭飼育崩壊」。鳴き声による騒音、悪臭など、近隣トラブルとなっているケースも多く社会問題にもなっている。なぜ飼い主は、このような状態に陥ってしまうのか…。背景には飼い主の怠慢だけではなく、「貧困」「高齢化」「社会的孤立」など複数の要因が絡んでいた。

◇番組内容2
この状況に、環境省は今年3月自治体や関係機関にむけた対策ガイドラインを示した。急ぐ背景には「多頭飼育」に伴う苦情件数の増加や、コロナ禍の“ステイホーム”でペットを飼う人の数が増えていることがある。
壮絶な現場で猫を保護し、さらには飼い主をも救い出そうと奔走する1人の女性の姿を通して「多頭飼育崩壊」の背景にある社会問題を浮き彫りにする。
◇ナレーター
小野大輔(声優)
◇制作
朝日放送テレビ
【プロデューサー】西一樹
【ディレクター】久保田照代
◇おしらせ
☆番組HP
www.tv-asahi.co.jp/telementary/

みどころ
ペットの不妊手術などを行わず異常繁殖させてしまい、飼育が困難になってしまう「多頭飼育崩壊」。鳴き声による騒音、悪臭など、近隣トラブルとなっているケースも多く、社会問題にもなっている。なぜ飼い主は、このような状態に陥ってしまうのか…。背景には飼い主の怠慢だけではなく、「貧困」「高齢化」「社会的孤立」など複数の要因が絡んでいた。
 この状況に、環境省は今年3月自治体や関係機関にむけた対策ガイドラインを示した。急ぐ背景には「多頭飼育」に伴う苦情件数の増加や、コロナ下の”ステイホーム”でペットを飼う人の数が増えていることがある。
 壮絶な現場で、猫を保護しさらには飼い主をも救い出そうと奔走する1人の女性の姿を通して「多頭飼育崩壊」の背景にある社会問題を浮き彫りする。

ナレーター 小野大輔


📌UPTOBOXの会員登録とプレミアム会員登録の方法
【プレミアム会員は「広告表示なしで即時再生」「視聴時間制限なし」等の機能により快適に利用できます】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Primary Sidebar

Secondary Sidebar