Skip to content

密着!中村屋ファミリー 父から子へ…受け継がれる「連獅子」 涙の猛稽古SP 20211224

密着!中村屋ファミリー 父から子へ…受け継がれる「連獅子」 涙の猛稽古SP 20211224 published on 密着!中村屋ファミリー 父から子へ…受け継がれる「連獅子」 涙の猛稽古SP 20211224 へのコメントはまだありません


予定を変更し10分繰下げお送りします 勘九郎の長男・勘太郎が9歳にして挑む大舞台・連獅子。物語さながらの父の厳しい稽古から勘太郎は這い上がれるのか?



📌(server DS)のプレミアムアカウント(premium account )
【プレミアムアカウントは「広告表示なし」等の機能により快適に利用できます】

📌UPTOBOXの会員登録とプレミアム会員登録の方法
登録なしでも利用できますが、プレミアム会員ですと「広告表示なしで即時再生」「視聴時間制限なし」等の機能により快適に利用できます。

目次

【動画リンク】

uptobox.com/m8eh4co1jqz5

uptobox.com/uo8ioohnxrod

【詳細】


世界中のエンターテインメントが危機に瀕する中、歌舞伎の名門・中村屋一門がいかにその逆境に立ち向かい、伝統と技の継承を伝え続けるのか、その奮闘に密着する。 ■2月“最年少”親子競演 2021年、歌舞伎座の「二月大歌舞伎」は十七代目・中村勘三郎の追善公演として、勘九郎と勘太郎が『親子連獅子』を披露することに。勘太郎は9歳、父の記録を塗り替え史上最年少での挑戦だ。ところが…数キロにもおよぶ「毛」を
ダイナミックに回す「毛ぶり」がうまくできない。果たして『親子連獅子』は成功するのか? ■5月「コクーン歌舞伎」6月「信州まつもと大歌舞伎」 コロナ感染拡大が収まらない中、ようやく実現した公演の演目は『夏祭浪花鑑』。亡き父・勘三郎の当たり役を披露する。 ■鶴松の葛藤と“戦友”の舞台復帰 「八月大歌舞伎」では、中村屋の部屋子・鶴松が大きな役・怪談『真景累ヶ淵』の新吉役に挑む。彼の指導を買って
出たのが、脳出血で倒れ手足の麻痺と闘う中村福助。勘九郎の叔父で、勘三郎のいわば戦友の福助が、病を押して行動する。 ■観客100%収容の舞台で“新作歌舞伎”に挑戦 11月「赤坂大歌舞伎」。「こんな粋な話がある」とタモリが笑福亭鶴瓶に話し新作落語が生まれ、その高座を勘九郎が聞き歌舞伎化を熱望、5年前に新作歌舞伎として誕生した演目だ。幕引き直前、まだ大向うが復活しない客席から割れんばかりの拍手が…。

おしらせ
「全日本フィギュアスケート選手権2021 男子ショート」延長の際、放送時間繰り下げの場合あり。

出演者
中村勘九郎、中村七之助、中村勘太郎、中村長三郎、前田愛 他  【語り】 金子ノブアキ/武田祐子

スタッフ
【構成】 武田浩、松木創  【ディレクター】 藤井雄真  【演出】 花枝祐樹  【プロデューサー】 後藤博、中山佳祐  【チーフプロデューサー】 西村朗  【制作】 〈制作協力〉 共同テレビジョン  〈制作著作〉 フジテレビジョン

www.fujitv.co.jp/nakamuraya/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Primary Sidebar

Secondary Sidebar