Skip to content

ザ・ノンフィクション 東京デリバリー物語 ~スマホと自転車とホームレス~(【語り】 芳根京子) 20221009

ザ・ノンフィクション 東京デリバリー物語 ~スマホと自転車とホームレス~(【語り】 芳根京子) 20221009 published on ザ・ノンフィクション 東京デリバリー物語 ~スマホと自転車とホームレス~(【語り】 芳根京子) 20221009 へのコメントはまだありません


元エリート銀行員の配達員…カプセルホテルで暮らしながら借金返済のために街を駆ける日々…コロナ禍で職を失った42歳はホームレスを脱するために配達員を始めるが…



📌(server DS)のプレミアムアカウント(premium account )
【プレミアムアカウントは「広告表示なし」等の機能により快適に利用できます】

📌UPTOBOXの会員登録とプレミアム会員登録の方法
登録なしでも利用できますが、プレミアム会員ですと「広告表示なしで即時再生」「視聴時間制限なし」等の機能により快適に利用できます。

目次

【動画リンク】

uptobox.com/i8xuc97w6beo

【詳細】

大きなバッグを背負い、自転車やバイクで街中を駆けるフードデリバリーの配達員たち。都会の新たな風景として定着したフードデリバリーは、コロナ禍で需要が一気に拡大。スマホと自転車があれば、きょうから収入が得られる仕事は、失業者やコロナ禍で収入が減った人を支える「雇用の受け皿」にもなっている。 「僕にできる仕事はフードデリバリーしかない」…そう話すのは、元銀行員の高山さん(仮名・30歳)。
一日1万円を目標に、月に30万円ほどを稼ぐ高山さんは、社会人5年目の時に仕事のプレッシャーからメンタルに不調をきたし退職。その後、家に引きこもるようになった。家賃と生活費を稼ぐため始めた個人投資もうまく行かず借金を抱え、ホームレスになった。今はカプセルホテルを拠点に借金返済のため、毎日、自転車を漕ぎ続ける。 「友達が一日に3万円稼いでいて、うらやましくて始めた」と語るのは、コロナの影響で、イベント
設営の派遣先を解雇された、和田さん(42歳)。2021年1月、貯金が底をつき、ネットカフェで暮らすホームレスとなった。自転車でフードデリバリーを始めると、週4日で9万円以上を稼ぎ、月収は40万円を超えた。しかし、「地に足がついてない状態。いつまで需要があるか分からない」と、将来の不安を口にする。 コロナ禍で加速したフードデリバリーという仕事、貧困から抜け出そうともがく配達員たちの日々を追った…

出演者
【語り】 芳根京子

スタッフ
【演出】 石飛篤史  【ディレクター】 真壁優仁  【プロデューサー】 神野敬久  【チーフプロデューサー】 西村陽次郎  【制作協力】 ネツゲン  【番組テーマ曲】 〈曲名〉サンサーラ  〈作詞・作曲〉山口卓馬、書上奈朋子  〈歌〉竹原ピストル

www.fujitv.co.jp/b_hp/thenonfx/


全ch 20221009 日曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Primary Sidebar

Secondary Sidebar