412 PV

<NONFIX>映画作家・想田和弘 アメリカを“観察"する 20170325

ドキュメンタリー映画『選挙』で世界的に評価を得た想田和弘監督。アメリカで学生と映画制作中、トランプ大統領が誕生する。その波紋が彼の周辺にも押し寄せる。

映画作家・想田和弘 アメリカを“観察”する<フジバラナイト SAT>
想田和弘(46歳)。アメリカ在住の映画作家。ニューヨークを拠点にドキュメンタリー映画を発表し続けている。“観察映画”と称する、ナレーションなし、テロップなし、音楽なし、という独特のスタイルで制作した作品は、世界で高い評価を受けている。想田は今、アメリカ北部にあるミシガン州の名門大学、ミシガン大学で教壇に立ち、13人の学生と2人の教師とともにドキュメンタリー映画を制作している。

撮影したのは、アメリカ最大のアメリカンフットボール場、ミシガン・スタジアム。通称“ザ・ビッグ・ハウス”。全米が注目する試合の舞台裏を、それぞれの視点で“観察”した映画だ。その映画の制作中、衝撃的な出来事に遭遇する。共和党のトランプ大統領の誕生だ。 その波紋が想田の周辺にも、さざ波のように押し寄せる。 日本のドブ板選挙を追ったドキュメンタリー映画『選挙』で、
伝統あるピーボディ賞を受賞した想田和弘監督が、今のアメリカを“観察”する姿を追った。
想田和弘(映画作家)


【動画リンク】

・動画の再生まで少し時間がかかる場合があります。

<NONFIX>映画作家・想田和弘 アメリカを“観察"する 20170325 フジバラナイト

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください