Skip to content

<NONFIX>“ひらめき”で自閉症と闘う異端の出張カウンセラー<Wナイト> 20170329

<NONFIX>“ひらめき”で自閉症と闘う異端の出張カウンセラー<Wナイト> 20170329 published on <NONFIX>“ひらめき”で自閉症と闘う異端の出張カウンセラー<Wナイト> 20170329 へのコメントはまだありません

独特の“ひらめき”で臨床を行う異端のカウンセラー・奥田健次。番組では自閉症の疑いがあり言葉を発すことのできない2歳半の子供が、奥田の指導で変わっていく様子を追う

「世界フィギュアスケート選手権2017女子ショート」延長の際、放送時間繰り下げの場合あり。

歯に衣着せぬ物言いと大胆な行動…その斬新な“ひらめき”で「確実に結果を出す」と息巻く臨床心理士がいる。テンガロンハットにビンテージのパンツ、スカーフや、時にヘアカラーをキメて、国内外を飛び回る〈出張カウンセラー〉奥田健次。専門は発達障害、特に自閉症の子ども。奥田のやり方は特徴的だ。独自の“ひらめき”でその子に合った解決策を瞬時に見い出し、具体的な解決法、トレーニング方法を親に指導、
そして子どもに確かな変化をもたらす。しかし、その独特すぎる言動から常に“異端児”扱いされてきた。▼2歳半になる男の子のもとを奥田が訪れた。男の子は、半年前に「自閉症スペクトラム」の疑いありと診断された。まだ言葉を発することができないこの子と両親に、奥田は幾つかの指導を施す。すると…表れてきたのは「会話」の兆し。“子どもと親”に起こった変化をカメラが追う。▼奥田が出張カウンセリング以外に
力を入れているのが、特別支援学校での教師の指導。今回訪れた養護学校では、まわりの物を投げてしまい集団行動ができない自閉症の少女に向き合う。はたして奥田はどんな指導を行うのか?▼子供が100人いれば、その解決法も100通り。誰も思いつかない数々のメソッドを、瞬時に見極める奥田式“ひらめき”カウンセリングとは?さらに、カウンセラーとしての人生を賭け奥田が始めた新たな挑戦。それは一体何なのか?


📌(server DS)のプレミアムアカウント(premium account )
【プレミアムアカウントは「広告表示なし」等の機能により快適に利用できます】

📌UPTOBOXの会員登録とプレミアム会員登録の方法
登録なしでも利用できますが、プレミアム会員ですと「広告表示なしで即時再生」「視聴時間制限なし」等の機能により快適に利用できます。

【キャプチャ】

【動画リンク】

・動画の再生まで少し時間がかかる場合があります。

<NONFIX>“ひらめき”で自閉症と闘う異端の出張カウンセラー<Wナイト> 20170329 2540 水曜日 フジテレビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Primary Sidebar

Secondary Sidebar