30 views

「 5 」動画

渡辺篤史の建もの探訪 20190330

渡辺篤史の建もの探訪 20190330

「切妻の大屋根の下 多彩な空間」千葉県茂原市・富田邸 里山の麓にたつ切妻・大屋根の家。1階は水回りを収めたコアの周囲に過ごし方の異なる様々な空間を連続して配置。2階は大屋根の存在を感じつつ過ごせるホールと個室で構成 渡辺篤史 ☆番組HP  

記事を読む

渡辺篤史の建もの探訪 20190323

渡辺篤史の建もの探訪 20190323

「隙間で遊ぶ! アスレチックハウス」東京都世田谷区・長倉邸 吹き抜けや床の段差に手すり代わりにアスレチック用ネットを張った家。3つの箱の間に様々な高さの床が挿入された間取りは、旗竿地にありながら屋外への広がりを感じさせる 渡辺篤史 ☆番組HP  

記事を読む

渡辺篤史の建もの探訪 20190316

渡辺篤史の建もの探訪 20190316

「家具工場で造られた家」千葉県いすみ市・松本邸 L字形構造体によって南面大開口を実現した平屋。家具製作会社を経営する建主が家具はもちろん構造体も自社工場で製作。深い庇は日照シミュレーションによって決定したもの 渡辺篤史 ☆番組HP  

記事を読む

渡辺篤史の建もの探訪 20190309

渡辺篤史の建もの探訪 20190309

「壁が林立!すっぴんの家」東京都大田区・塚井邸 建築面積13坪の限られた内部空間に壁が林立する家。化粧をしていない構造壁が空間を緩やかに仕切りつつ、間に棚やパイプを渡す事で用途が変化。家族と共に成長する間取り 渡辺篤史 ☆番組HP  

記事を読む

渡辺篤史の建もの探訪 20190302

渡辺篤史の建もの探訪 20190302

「リノベで天井裏と床下を開放」東京都北区・下原口邸 1969年建築の2階建て住宅を6層にリノベーションした家。1階天井と2階床との間の空間を開放、さらに床レベルに変化を付ける事で、これまでに無い空間体験を生み出す 渡辺篤史 ☆番組HP  

記事を読む

渡辺篤史の建もの探訪 20190223

渡辺篤史の建もの探訪 20190223

「とぐろを巻く7.6坪の家」東京都世田谷区・青島邸 7.6坪・4層の建物を薄い鋼板で緩やかに仕切り12の空間を生み出した家。廊下と部屋を兼ねさせ、造作家具を多用、最小限の化粧で限られた空間を有効活用する建築家自邸 渡辺篤史 ☆番組HP  

記事を読む

Get Sports 動画リンク

Get Sports 動画リンク

毎週日曜25:25~テレビ朝日系列にて放送

記事を読む

秘湯ロマン 20190203

秘湯ロマン 20190203

日本全国の秘湯と呼ばれる温泉の魅力を紹介します。今回の秘湯は群馬県、下仁田温泉「清流荘」・四万温泉「四万たむら」

記事を読む

秘湯ロマン 20190120

秘湯ロマン 20190120

日本全国の秘湯と呼ばれる温泉の魅力を紹介します。今回の秘湯は群馬県、法師温泉「長寿館」・宝川温泉「汪泉閣」

記事を読む

秘湯ロマン 20190106

秘湯ロマン 20190106

日本全国の秘湯と呼ばれる温泉の魅力を紹介します。今回の秘湯は長崎県、雲仙温泉「雲仙福田屋」・伊王島「i+Land nagasaki」

記事を読む

NO IMAGE

秘湯ロマン 20181202

日本全国の秘湯と呼ばれる温泉の魅力を紹介します。今回の秘湯は長崎県、野母崎炭酸温泉「Alega軍艦島」・小浜温泉「旅館國崎」

記事を読む

NO IMAGE

秘湯ロマン 20181118

日本全国の秘湯と呼ばれる温泉の魅力を紹介します。今回の秘湯は長野県、湯田中温泉「よろづや」・奥山田温泉 「伊奈里館」。

記事を読む

テレメンタリー2019「揺らぐ~袴田事件とDNA鑑定~」 20190217

テレメンタリー2019「揺らぐ~袴田事件とDNA鑑定~」 20190217

昨年6月、東京高裁は袴田事件の再審開始決定を取り消した。82歳の死刑囚・袴田巌は「嘘だ」とつぶやいた。静岡地裁が認めた再審がなぜ覆ったのか。揺れる司法の深層に迫る

記事を読む

テレメンタリー2019「よみがえれ、ジモセン」 20190210

テレメンタリー2019「よみがえれ、ジモセン」 20190210

国内有数の温泉地・別府には地域ごとに住民用の公衆浴場・ジモセンが数多く存在する。そのひとつ梅園温泉は熊本地震で被害を受けて廃止に。しかし住民は再建に立ち上がる。

記事を読む

テレメンタリー2019「のれんを下ろす日 ~人情親父 仙台最後の屋台~」 20190203

テレメンタリー2019「のれんを下ろす日 ~人情親父 仙台最後の屋台~」 20190203

昭和の時代、博多と並ぶ屋台の街として知られた仙台。しかし行政の規制によって姿を消し今残るのは1軒だけだ。85歳になる屋台の主を通して働く事の意味を浮き彫りにする。

記事を読む